FC2ブログ

弱点克服(短い直線を挟むコーナー)

また弱点が見つかりました。この間、KMR-Cup の岡山を走った時に気づいたのですが、短い直線を挟むコーナーでタイムロスしているという事です。

例えば、岡山の T8-9 のように逆方向のコーナーが短い直線でつながってる場合。
岡山T8-9
これは、2つ目の侵入の R を大きくしたいために、一つ目の侵入の R が小さくなってしまって、そのためにスピードを落としてしまっているケース。
同様なコーナーはSebling のT11-12
セブリンング11-12
その他には、バルセロナの、フェニックスの、シルバーストーンのT2-3とか。今まで、ブレーキ踏みながら曲がらないといけなくて、不得意と言ってたコーナーも含まれます。2つ目のコーナーの R を大きくしようとして、直線的にブレーキかけれないので、スピンしてしまってたのでしょう。

別の例では、同じ方向のコーナーが短い直線でつながってる場合で、岡山のT6-7岡山T6-7
T6のブレーキングが早くて、タイムロスしてます。
同様なコーナーは鈴鹿のデグナー鈴鹿デグナー
理由は、これらのコーナーでもっと外側まで特に岡山は少し芝に出てもよいぐらいなのに、そこまで攻めてないので、ブレーキを早めに踏んでしまうという事があります。デグナーの場合は、縁石が滑りやすいので、ちょっと強めに踏んでしまうこともあるとは思います。どちらの場合も、ターンインが遅いという事ですね。

こういうコーナーは1つのサーキットで、結構あるので、これを克服すればタイム向上に繋がるのではないかと思います。
(単にコーナーの数が多くて、その分ロスタイムも増えてるだけだったりして)

あと、岡山は知ってて思ったのは、まだまだコーナー出口でぎりぎりまでアウト側を使えてないなぁと。使えるときと使えないときのばらつきが大きいですね。
Qの時ははみ出せないけど、練習時や、決勝の時はもっと攻めてみようと思います。

克服するべき点が見つかるのはいいですね。こういうのを繰り返していけば、きっと目標地点に到達できる。

レース漫画「Capeta」

レースの漫画、Capeta は面白くて、お勧めです。
この間ちょっと Capeta の登場人物の言葉を引用した記事を書いたので、ちょっと思い出したので、久しぶりに読んでみました。
リアルのレースチームや、レースドライバー(関口雄飛とか)が取材協力してるので、結構よいことが書いてあります。

「それでもよーく曲がるブレーキングポイント見つけたろ?
荷重移動だけで車を曲げてんだ。それならそこらの走り屋のあんちゃんだって、峠でやってるよ
レーシングカーは、いやフォーミュラカーにはもっと先がある
思いっきりノーズをダイブさせてなフロントウィングを地面にすいつかせる
魔法かけたみてーに曲がるぞ
ビックリするようなスピードでな!」

「オレの考えるブレーキとは、止まる事よりもマシンの姿勢づくりのためにある。
ブレーキングポイントを早めにすると、ブレーキを強く踏まなくていいから、タイヤにも、マシンにも負荷がかからず、マシンが前のめりになり過ぎない、路面とマシンの底との空間が保たれて、空力が乱されないんだ。
ハンドルを切った分だけ素直に曲がって、コーナリング出口でグングン スロットルを開けていけるように。
ブレーキングは”頑張る”ものじゃない。マシンとコミュニケーションをとるためのツールだ」

ブレーキタイミング確認アプリ

以前ここで VRS のテレメトリの情報をリアルタイムで確認できるアプリを自作した事を紹介しました。
結局グラフィックでプロッター描写したりすると、FPSが結構落ちてしまうので、今はコマンドプロンプトに以下の情報だけひょじしてます。

・時間
・デルタ時間
・残燃料
・アウトラップからの周回数
・VRS 講師のブレーキタイミングの差分

ブレーキタイミングを表示してるのは、自分で気づかないうちに、特定のコーナーでよくブレーキタイミングが早くなってラップタイムがるくなるといことが結構あるので、それを防ぐためです。
今は、大体どこのコーナーでも差を 10m 以内にはできるようになってきました。

ただ、ブレーキを遅らせ過ぎて、ターンインが遅れたり、ブレーキを強く踏んでは、ダメですが。

心が折れる。(練習時間見直し)

かなり最近は練習してるのですが、なかなかタイムが良くなりません。
以下は各週の opt のVRS講師とのタイム比率の推移です。
Olan Park と Road Americaで 1%は切りましたが、その後は切れず、伸び悩んでます。
キャプチャ

ここのところ、毎週20時間、300周ぐらい走っていて、オフィシャルレースも10レースぐらい出てる感じです。
これでもタイム良くならなくて、常にトップスプリットでレースできそうもなく、心が折れそうです。
(マスターズ陸上も、タイムは伸びず、仕事も色々あって全体的にモチベーションかなり下降してます)
練習しながら OVRdrop で英語のニュース見てるのでそんなに時間の無駄とは思わないのですが、あまり長時間やっても意味がないかなと。50肩も治らないし。
大体2時間、長くても3時間ぐらいやれば、ベストタイムが出て、そこから先はほとんどタイム縮まらないですしね。
今後はoptでタイムが縮まらなければ、練習はそこで終了。もしくは最大3時間にします。オフィシャルレースも土曜日の午前中だけに。
練習に長時間費やすのではなくて、どうやったら速く走れるか、インテリジェントに行動しようと思います。

Marcos Ambrose によるトレーニング

以前の記事で紹介した Marcos Ambrose がブランズハッチでメルセデスGT3でThe Warmup Lap をやっている Kevin をトレーニングしてます。Marcos は、リアルでもブランズハッチでトレーニングしてるそうです。



・Marcos は有名なドライバーみたいですね。Kevin が Marcos と走ってるんだぜ、凄いだろ!みたいに言ってます。
・セッティングは、タイトにして、ブレーキを放した時にも車がロール(ロールというよりは旋回かなぁ)?するようにしてる。(オーバーステア気味にってことでしょうか)
・「タイヤは友達、ブレーキとターンもしくはターンと加速を同時に行われるのを嫌う」っていう表現がいいですね。
でもって、コーナーで、ブレーキを踏み過ぎたり、トレイルブレーキを十分にやらないと、フロントタイヤがストレスを受けて、温度が上がってしまう、iRacing はそこが凄くリアルに近くなってるって言ってますね。
・さすがはプロドライバー、色んなものをリファレンスにしてますね。直線的にブレーキを踏むために、マーシャルポスト を目標にするとか。
・floating って、何度も出てるので、何なのかと思ったんですが、ブレーキも、アクセルも踏まない区間の事でした。それが必要と。
外人の方は、この間でよく「ペイシャント、ペイシャント」って、言ってますね。
・Kevinは修正舵が多いですね。このトレーニングを受けてラップタイムがかなり良くなってます。
・Kevinが途中でデルタ表示をオフにして言った一言 「10年レースして学んだことは、速く走ろうとしないほうが、タイムがいい」
レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ