CPU交換

CPU交換しました。
以前の記事で、CPUはボトルネックにはなってないんじゃないかな、と書いていたのですが、ほかの人はもうちょっと高いグラフィック設定でFPS出てるようだし、グラフィックカード変えてから、PCが何度か立ち上がらなかったり、変な例外が出るようになったので、マザーも変えようと思い、CPU、マザーを交換しました。

CPUはcore i7 8700に(前はcore i5 4440)マザーは、MSI Z370 GAMING PLUS/Aにしました。

結果:やっぱりCPUがボトルネックだったようです。
以前は低めのグラフィック設定で、サーキットの特定の場所で 50fps ぐらいまで落ちていたのですが、どこのサーキットでも中くらいの以下の設定で 90fps キープが可能になりました。
graphics.jpg
(クリックで拡大)
あと、UVROverlay を使っても fps はほとんど下がりません。これもうれしい。

これで、ますます VR が快適に!
ssはデフォ(140%ぐらい)で、ResolutionScalePct は100です。(デフォの130だと見た目は変わらないに、fps は下がっちゃいますね)
これのおかげなのか、VRだと 3D vision に比べてもかなりタイムが安定してきました。1周0.3秒以内のタイム差には収まるようになってきました。(速くはならないですが)。なんでかなぁ

VIVE Pro購入しました。

Odyssey買ったのですが、いまいち満足できず、レースシムやられている方で Odyssey と VIVE Pro両方持っておられる方が、VIVEはかなりいいという事を言われていたので、VIVE Proも試してみました...

かなり違いますね。Odyssey は実用が難しかったですが、VIVE Proなら大丈夫そうです。色々アドバイスいただいた方々、ありがとうございました。

■良い点
・解像度が良い。Odyssey はカタログスペック出てない感じですね。スーパーサンプリングの設定で、VIVE Pro は100%で 2016x2240に対してOdysseyは100% で 1425x1781。スーパーサンプリングの値を上げても良くならない。VIVE Pro ならはっきり見える小さな文字も、Odyssey だとぼやけて見えません。劇的な差ではなくて、やっぱり 3D Visionに比べると、遠くは全然ぼやけてますが、Odyssey よりはだいぶ良いです。
・装着感が良い。Odyssey だと、10分も付けてレースしてたら、苦痛ですが、VIVE Pro であれば、眼鏡をかけてても大丈夫です。
・マウスがちゃんと動く。たまに動かなくなることはありますが、Odyssey に比べれば全然少ないです。Odyssey が動かなくなるのは、 WMR のせいかもしれません。
・ヘルメットのバイザーの様に上にあげることができるので、ちょっとキーボードを見たいときとかが楽です。

まあ、レースシムでなくて、普通にVRするだけなら、Odysseyは安い割には性能良くて、よいとは思います。ベースステーションみたいな物もいらないし。(入手がちょっと面倒ですが)。

以下、詳細です。
・VIVE Pro アップグレードキットと、ベースステーション1個(中古)を購入
・GTX1060 だとちょっとスペック低いかと思ったので、GTX1080TI購入(中古)
1060でも最低のグラフィック設定でFPS80位は出ました。
1080TIだと、以下の設定でFPS90は確保できます。(結構低めの設定ですが)。ただFPS 90確保しないと走りにくいです。
graphic.png
(クリックで拡大)

以下、Core i5 4440、GTX1080TI で Steamのパフォーマンステストの結果です。
performance.png
(クリックで拡大)

CPUがボトルネックになってるかとも思い Stem VR で フレームタイミングを確認してみましたが、以下のようになったので、CPUがボトルネックと言う事は無さそうです。
load.png
(クリックで拡大)

・気軽に練習するときは、1画面でVR無しでやろうと思い、bat ファイルで、VR用とそれ以外用で app.ini と rendererDX11.ini を切り替えるようにしました。
・スーパーサンプリング、ResolutionScalePct 共に100%でやってます。上げてもFPS下がる割には視覚的な効果が無さそうです。
・UVROverlay はだいぶ使い方わかってきましたが、FPSが20~30位下がるみたいなので、やっぱり使ってません。

これで、うちも 5画面 3D Vision から VR 常用になりそうです。3年ほど前に VR がそろそろ出そうだから、買おうかちょっと迷った 3D Vision でしたが、3年持ったし、クオリティも良かったので、買っといてよかったです。しかし10年ほど前の、1画面、GTFPから随分と進化したなぁ。

IMG_20180520_060658.jpg
(モニターが減ってすっきり)

VRゴーグル(Odyssey) 購入しました

VRも大分解像度が良くなってきて、レースシムで使い始めてる人も増えてきてるようですので試しに Odyssey 購入してみました。

最初は、これは凄い、ホントに車の中で運転してる感じ!と思いました。

少し長い時間やって、iRacingでレースしてみたりすると、少し興奮が収まってきました(笑)
・やっぱり解像度はいまいち
近くは全く問題ないのですが、少し遠くなるとぼやけてしまいます。他車や、コーナーまでの距離の看板とか、見えにくいですね。
・ゴーグルがつらい。
眼鏡の鼻のあたりが、痛い。これは、予備の眼鏡の鼻あてを少し曲げてだいぶ楽になりました。しかし、20分もつけてると、熱くなって汗かいちゃいちゃうし、少し曇ってくるし、はめたり、外したり、やっぱり大変。
・サブディスプレイ表示がいまいち。OVRDropを使って、iSpeedやJRTは表示できるのですが、設定が面倒、セーブされない、あと、フレームレートも落ちちゃう感じです。
・走ってると、なぜかだんだんと視界がぼやけてくる。瞬きしたり、ゴーグルの位置をずらすと直るんですが、

ということで、ちょっと微妙ですね。VRでやってる時は、これで十分じゃん、って思って 3Dvision でやると、やっぱり、こっちが全然いい、って思ったり、今の所半々ぐらいの使用になりそうです。
多少の不便さは我慢できますが、やっぱり解像度がなぁ。3Dvisionより明るくて、ベゼルが無いのは良いのですが。
解像度が今の 2~3 倍になれば、文句なしにVRですが。あと2年ぐらいかな。
VIVE proは解像度は同じですが、Odysseyよりきれいに見えるという事なので、そちらを試してみたいという気もしますが。

以下、参考までに
・国内では、Odysseyは購入できないので、malltail という転送サービスを使用。100ドルセールスで、5万ぐらいでした。
・Windows Mixed Reality でも SteamVRで iRacing 問題無し。普通にWebのiRacingサイトから起動できます。起動時にVRかデイスプレイかの選択ダイアログが出てきます。
・Windows Mixed Reality はWindows10が必須。Windows10にしてから、Simvibeが不調で、結構効かなくなります。
・Recenter HMDをハンコンに割り当て、トラッキングリセット
・全体的に少し小さく感じる。視野角のせいなんでしょうか、まあ、これはあんまり問題ではないですが。Ctr+F12ででシート位置変更したら、良い感じになりました。
・Core i5 2400、GTX1060でグラフィック設定中くらいでFPS 60-70位
・Steam VRでスーパーサンプリング 120%、rendererDX11.iniのResolutionScalePct 150%ぐらいが解像度が最も良かったです。
・タイム的にはVRも3Dvisionも変わらない感じ。ただ、3Dvisionの方が運転しやすく、安定している。なぜかVRの方がタイムが良かったりすることもある。
・Odysseyと5画面 は共存できず。NVIDIAコントロールパネルで、5画面にすると、どうしてもOdesseyが認識されませんでした。今はサブPCでOdyssayやってます。
・UVROverlay https://github.com/scudzey/UVROverlay これも試してみましたが、オーバーレイ表示されませんでした。
・マウスが利かなくなることがある。Windows+Y キーで直ることもありますが、めんどくさい。
・風通しを良くするためにファンを付けました。少しはましになったかな。(鼻あてはむしり取りました)
IMG_20180502_103342.jpg
(クリックで拡大)

その他に、フライトシムを試してみましたが、(DCS World、aerofly fs2)これは、凄く良かったです。解像度は気になりません。
あと、ラジコンシミュレーター(Realflight8)も期待していましたが、解像度が悪くて、機体が少し遠くに行ってしまうと、どっちを向いているかさえ分からなくなってしまいます。Realflight8って3Dvision対応してたんですね。こっちは全然大丈夫できれいでした。

他にも沢山ゲームを試してみましたが、どれも今一つでした。最初は「おお、すげー」ってなるのですが、結局はゲームの内容が面白くないと、長続きしないという、当たり前ですが..

というところで、予想以上ではあったが、十分満足というところまではいってない感じです。レースは全然問題なくできるんですが、リアルさは、3Dvisionと比べて、よい面、悪い面あって、総合的には同じぐらいじゃないかと思います。

(追記)
・5画面とOdysseyの共有は3D設定をオフにしたらできました。
・Vive ProはOdysseyよりもかなり解像度は良さそうです。というか、Odysseyはカタログスペックの解像度が出て無さそうです。UI100%にして、グラフィック設定画面等での、詳細説明はOdysseyではぼやけて全然読めませんが、Vive Proだと、はっきり文字が認識できるそうです。

もうちょっとタイム良くしたい

最近は特にハード、ソフトは変化なく、週末にSkipを10戦ほどやるという事を繰り返してます。
iRatingも1300-1600位の間を安定してしまってます。
あと、0.5-1秒位、タイムを良くしてiRating 2000位にしたいんですが、壁にぶち当たっちゃって、進歩が無い。
まあ、何年も前からどうすればタイム良くなるか調べて、考えてきて、色々やってみて、これですから、もうこれ以上どうすればいいのか、思いつきません。
最近テレメトリック解析やってないので、地道にそこからやっていこうかな。

iRating

最近更新してませんでしたが、相変わらず、iRacingのレースにはガンガン参加してます。
Skip Barberのみですが、週末はオフィシャルレースに大体10回位は参加してます。

irating.png
(クリックで拡大)
これは、私の iRating の推移です。
この、変化が必要という投稿を書いたあたり(2016年11月)から、一応数値が上がってきています。
この投稿では、タイムを良くするために、今後やっていこうと思ったことを書きました。
そこから iRating が上がってきてるので、やってきたことは間違っては無いと思います。

ただ、ここからさらに上げるのは、難しいかなという感じです。
今は、大体 3スプリットの場合は、真ん中、もしくは一番上、2スプリットの場合は上のスプリットに割り当てられます。真ん中のスプリットでは大体中くらいから上位でフィニッシュできるのですが、一番上だと下位で終わってしまいまい、iRatingが下がってしまいます。今 iRating は1400-1600 あたりを行ったり来たりしてますが、これ以上上げるにはタイムをもっと良くしないといけないですね。

ここまで上がってこれたのは、以前に比べるとタイムは多少良くなった感じですが、接触が減ってきたという事もあります。
以前は特に1周目に慎重に行き過ぎて、ブレーキが早くて後ろからぶつけられることが多かったのですが、それが減りました。
また、スプリットが下位の場合、コースアウトして後ろを気にせず復帰したり、まあおかしなドライバーが多くて接触も多いのですが、上位のスプリットだとそれがあまりありません。

クリーンなレースでバトルも増えて楽しくなってきたのですが、まだトップクラスとは1周2秒ぐらいの差があるので、なんとか1秒差ぐらいにしたいです。どこが悪いのかなぁ。テレメトリを見てもトップクラスとは特定のコーナーで大きな差があるという感じでもなくなってきてるので、各コーナーでの微妙な差で、それが積み重なって2秒の差になるんでしょうね。
フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ