FC2ブログ

MoTeCも3画面

MoTeCでの解析も3画面(4画面)が役立ちますね。
IMG_6734.jpg
(クリックで拡大します)
下の3画面で1ラップのデータを表示させて、上の画面で別PCからコースを表示させてます。
これで、どのコーナーで特にタイムロスしてるか分かり易くなります。

IMG_6735.jpg
(クリックで拡大します)
こちらで、先日の鈴鹿のnori21さんのベストラップを選択し、自分の各ラップを選択、比較してます。

これは鈴鹿のデータですが、思ったのは、特定のコーナーで突っ込みが甘いということですね。
特に、1コーナー、スプーン、シケイン手前のブレーキングが自分は早いです。
当然なんですが、突っ込み頑張り過ぎてもタイムロスするし、毎回限界のタイミングでブレーキングするって難しいですよね。

nori21さん、データありがとうございました。

MoTeC使用法 その3

自分が良く使う MoTeCの機能を説明します(その3)

データを表示している場所を変更できます。
カーソ<br />ル」


特定区間の、最大値、最小値、平均値が表示されます。
最大最小平均


時間表示、距離表示を切り替えられます。データを比較する場合は、距離表示が便利です。
時間表示距離表示

MoTeC使用法 その2

自分が良く使う MoTeCの機能を説明します(その2)
グラフに加えたいデータ項目を選びます。Removeで取り除けます。
データ選択


縦軸の目盛りの調整ができます。Auto Scaleにしていると、上下の値が表示されないことがあります。
目盛り調節


表示させたい場所(ラップ)を変更できます。緑の四角の真ん中あたりをドラッグして左右に動かすと、全体的に表示している場所が移動します。
グラフ表示位置

MoTeC使用法 その1

自分が良く使う MoTeCの機能を簡単にですが、説明します(その1)
ちなみに Help → View Demo video でツールの概要が見れるので、そちらも参考にされると良いかと思います。


MoTeCを立ち上げると、こんな画面が出ます。最初にプロジェクトを作ります。Create a New Projectを選ぶと Wizardが出てきますが、デフォールトで進めていけばOKです。
プロジェクト


計測したデータを開きます。サンプルのウンコタイムは気にしないでくださいw。ちなみにモンツァのタイムです(嘘)。サンプルでは、黒は AIのデータ、青は自分のデータとして表示しています。こんな風に色々なデータの比較が簡単にできます。後で出てきますが、データの比較は距離モードにした方がやりやすいです。
データオープン


以下の方法で、自分がグラフに表示したいと思う、データ項目(例:タイヤ温度、ブレーキ温度等)を加えます。
データ追加

AI 走行時に 計測できる MoTeC のデータ

AI 走行時に MoTeC で計れるデータと計れないデータがあるようです。
今のところ分かっているもので計れるものは

・車速
・アクセル位置
・ブレーキ位置
・各車輪速度
・燃費
・タイヤ磨耗度
・G
・エンジン油温

計れないものは

・タイヤ温度
・ブレーキ温度
・車高
・サスペンション関連
・エンジンオーバーヒート

等です。あと、なぜかは分からないのですが、ステアリングの角度は、AI でなくてもデータが出てきません。これは不便だorz

MoTeC 導入方法

MoTeC 導入方法です。

rFactor CENTRALからMoTeCとPlug inをダウンロード。本家のMoTeCのページのものは対応しているバージョン無いので、CENTRLからダウンロードする必要があるようです。
[09年9月10日追記]
rFcのMoTeCリンク無くなってるようです。ミラーを用意したのでこちらからどうぞ


普通に両方を指示に沿ってインストール。
コースに入ったときにヘザー('Heather')さんが Data acquistion is off と言ってくれて、Ctrl-mを押すと、ヘザーさんが Data acqusition enabled (イネーブルド)と色っぽい声で「データ解析準備OKよ~ん」と教えてくれます。

コースを走って、MONITORに戻ると、
rFactor\UserData\LOG\MoTeC
と言うフォルダーができていて、そこにデータが入っています。

MoTeCを立ち上げて、適当にプロジェクトを作ってOpen Log fileで上記MoTeCフォルダのデータを読み込みます。

rfactorのルートにある
DataAcquisitionPlugin.ini の Logging Active On Startup を 1にすると、最初からイネーブルになります。


以下、MoTeCの初心者向けガイドです。
http://www.tannerdog.com/rfactor/Tannerdog%20MotecGuide%20-Basics%20R-Factor.pdf
この初心者ガイドで使っているサンプルのプロジェクトが以下でダウンロードできます。
http://www.blimeygames.com/site/download.php
Analysis Sample Project (647 kB zip file, for use with the above guide) ←これです。

解析(データロギング)

rFactor では MoTeC というデータロギングツールが使えます。

プラグインを使えば、走行後このツールにログデータをくわせればスピード、アクセル開度、ギヤ、ブレーキなどのデータ表示ができるようになります。自分の車をAIで走らせてそのデータと自分の走りを比較してみたことがあります。しかし AI はあまり現実的な走り方をしてないような感じなので、できればマルチのリプから他の人の走りを解析できればなーと思いますが、そんなツールは無いのでしょうか。

以下、MoTeCの初心者向けガイドです。
http://www.tannerdog.com/rfactor/Tannerdog%20MotecGuide%20-Basics%20R-Factor.pdf
GTR2用を rFactor 向けに変更したもののようです。in house use only とかって書いてある割にはWebで公開されてるけど、どういう意味なのかな...
レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
・情熱
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ