スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキング開始ポイント

現在帰省中で、走行しての練習はできないので、以前紹介した
rfVCRmerge (リプレイデータ マージツール)
を使って他の方と自分の走りを比較したりしています。

そこで気づいたのが、今まで自分はブレーキの開始ポイントが他の方に比べてかなり早いと思っていたのですが、そうでもありませんでした。

前は、マルチをしている時に他の方の車をモニターしていてブレーキングを見ていると、なんでこんなに奥で踏んでも曲がれるのかと何時も思ってたのですが、鯖リプで比較すると、大抵は速い方と同じぐらいのポイントで踏めています。逆に頑張って奥で踏みすぎて脱出がつらくなっている場合もあったりします。

特定のコーナー(特に慣れていないコース)で早く踏んでいるケースもあることはあります。

マルチ時に他の方が奥までブレーキ踏んでないように見えたのはラグのせいなんでしょうかね。

スポンサーサイト

何が悪くて遅いのか

自分は相変わらず、速い方々から大体3~4秒くらいのラップタイムの差で、安定してしまってますが、コソ練しても、しなくても知ってるコースだったらこれぐらいの差なので、練習不足というよりは何かが根本的に間違っているのかなと思ってます。

多分ドライビングで変な癖がついちゃってるのかと。
自分の傾向としては、コーナリングスピードが遅い、他の人に比べてタイヤの減りが少ない、(以前は)ブレーキが(摩耗して)よく壊れていた、といったところでしょうか。

以下の記事を読み返してみると、
http://www.billion-inc.co.jp/lecture/no29.htm
ブレーキ踏んでると横のグリップが使えなくて、コーナリングスピードが遅くなっちゃうと書かれてます。なのでブレーキを早くリリースしないといけないんだけど、恐怖心からずっと踏んだままになると。

自分の今までの感覚はこれと似ていて、十分に減速して、遠心力をおさえないとコーナー回りきれないのではという気持ちがあります。

なので、ブレーキを早く離せなくて、コーナリングスピード遅い、タイヤの減りが少ない(横方向のグリップを使ってないから)につながってるのかなとも思います

コーナリングスピード遅いと結局立ち上がり加速も悪いし、タイヤの減りが少ない=タイヤの適正温度で使ってない=グリップ低いという悪循環にもおちいってしまってるかも。
立ち上がり加速悪い=無理にアクセル踏む=スピンということも起こりがち

さっきの記事に書かれているように、仮想クリッピングポイントをやってみるかな...
あとは、「ブレーキゆるめる=横方向グリップ使える=コーナリングスピード速い」というイメージトレーニングとか...

(2016年9月26日追記)
iRacngだとiSpeed Lap Analyzerを使えば速い人と直ぐにブレーキングの比較ができます。やっぱり自分はリリースが遅くてタイムロスしてる傾向があります。ただ、これは修正はなかなか難しいですね。

一つ考えたのが、ブレーキバイアスの設定をもっと前よりにしてみるという事です。前よりにしすぎて、ブレーキを長く踏んでると、オーバーステアでスピンしてしまいますので、スピンしない程度に前よりにして、できるだけ旋回性能を上げています。この限界よりもさらに前よりにして、ちょっとでも長くブレーキングしてるとスピンするようにして、なるべく早くブレーキから足を離す、もしくはトレイルブレーキングにする癖をつけるという事です。こうすることでより旋回が早くなって、早くアクセル踏めるようになるかもしれないし。レースではちょっとリスクが大きくなりますが、


トレイルブレーキング その3

他の方の意見もいただいているトレイルブレーキングですが、参考になりそうなものを見つけました。
こちらの方の言われている

http://www.billion-inc.co.jp/lecture/no25.html
http://www.billion-inc.co.jp/lecture/no26.html
http://www.billion-inc.co.jp/lecture/no27.html

上記のことは結局トレイルブレーキングのことを言われていると思うのですが、

トレイルブレーキング


のように、結局トレイルブレーキングを使っても、使わなくても使えるグリップの合計は 55 になりどちらでも同じようなものなのでは、と一瞬思ってしまいました。けれども、直角に曲がるようなコーナーであれば、トレイルブレーキング無しでも良いかと思いますが、コーナーは普通は穏やかな曲線だから、デジタル的にすぱっとブレーキをオフにするよりも、トレイルブレーキ使って、徐々にオフにしていくほうがいいのかなと思い直しました。そういう意味ではコーナーの曲線の形状によって早くオフにしたほうが良い場合と、長めにブレーキを残したほうが良い場合があるのかなとも思います。
わかりにくい説明ですみません^^;

あとは、LSFのドライビングガイドのところにも結構詳しくトレイルブレーキング(trail brake )について書かれています。
http://ja.lfsmanual.net/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89#.E7.B0.A1.E5.8D.98.E3.81.AA.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.93.E3.83.B3.E3.82.B0_Tips

LSFは rF よりも挙動が良くできているとも結構言われているので、そのあたりも関係しているのかもしれませんが。

やっぱりトレイルブレーキングはやった方がよさそうですね。
以前「トレイルブレーキングをやると、コーナー脱出時に車速が落ちてしまうので、やらないようにしている」と書きましたが、「コーナーによってはトレイルブレーキを短めにする(早めにブレーキを離す)ことで、車速を落ちないようにする必要がある」とするのが正しいのかと、今は思います。

トレイルブレーキング その2

以前トレイルブレーキングをやっていると書きましたが、今はやってません。コーナーによってはブレーキ残すこともありますが、トレイルブレーキングすると、車速が落ちすぎてしまうような感じなので、今はスパッと足を離すようにしてます。

半年ぐらい前にこのブログを始めたのですが、最初のころの記事に書いていることと今とで結構やり方とか、考え方とか変わってきてますね。やはりマルチに参加して他の人たちから、色々教わることが多いからでしょうか。

トレイルブレーキング

ブレーキングのテクニックとしてよく言われるのがこれです。
コーナリングでブレーキを抜くときに全部オフにするのではなく、若干ブレーキを残して荷重を前に残してアンダーステア傾向を無くすという事らしいですね。

自動車の教習所などでは「カーブでブレーキを踏むのは、良くない、十分減速してから曲がりましょう」とか教わりますので、これと正反対のことになりますね。

確かにrFactorでもコーナリング中にブレーキを残すと、オーバー気味になるようです。しかしどれだけタイムアップに貢献しているかはよくわかりません。

しかしやはりレースシムでは車の姿勢がどうなっているか、いまいちわかりにくいので(特にF1は)コーナーでどれぐらいGがかかっているかとか、荷重がどうなっているかの把握はむずかしいですね。

左足ブレーキ

最初は右足でブレーキを踏んでましたが、今は左足ブレーキを使っています。

右足だとどうしてもブレーキ踏み始めのタイミングが遅れてしまうし、アクセル踏みながらブレーキをかけたいシチュエーションもありますし。リアルであれば、コーナー中でブレーキ踏んで荷重移動させて、オーバーステアアンダーステアを抑えるというのが一番の効果のようですが、ゲームではどうなんでしょうね。私はそこの部分はあまり感じません。F1 mod だから感じられないのか、私が鈍いからなのか、そもそもrFactorではそこまで物理シミュレーションできていないのか。(今は分かります08年7月追記)


左足ブレーキだと、やはり微妙な踏み込み量の加減が難しく、最初は右足に比べてタイムは全然遅かったですが、今では右足よりも良いタイムが出せています。慣れるまでは毎日1時間くらい^^; 練習して1ヶ月ほどかかりました。リアルでは右足でブレーキしてます。車を運転し始めてから○○年ずーっと右足でブレーキを踏んできたので、微妙な加減はやっぱり左足では難しいですね。右利きだし。レースの蹴飛ばすブレーキなら問題ないのですが。

ちなみに現役(2007年現在)F1 ドライバーで右足ブレーキを使ってるのはバリチェロだけだそうです。



(2016年9月26日追記)
G27に変えてから、Hパターンのシフトも試してますが、左足ブレーキに慣れたせいか、右足だと全然遅いですね。
フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。