スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide その3

以前から紹介している、Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide ですが、また内容が追加されています。

4章がスキップされて、5章のセットアップが、まだ途中ですが、追加されています。

そもそもセットアップをやったほうがいいのか、と問いかけており、
・コンスタントに自分のベストから .2秒落ちでラップタイムを刻める
・タイムロスは、車のせいなのか、ドライビングのせいなのか、判別できる、(例:アンダーステアが起きてるのは、走り方のせいなのか、ドライビングのせいなのか)
・ドライビングスタイルは確立されているか(例:VRSデータパックの速い人から、0.2~0.5秒落ちで走れるか)
このあたり、満たしていないのなら、セットアップに時間を費してもあまり効果は無いと言ってますね。

私は満たしてません(笑)
せいぜいセットの変更でタイムアップは0.3秒ほどなので、セットアップに時間をかけるよりも走行の技術を上げた方が良いってことですね。
空力の影響が大きい車だともっとセットでタイムは違うんじゃないかと思いますが、確かにタイムのばらつきが大きかったり、アンダー、オーバーが判定できないようでは、きちんとしたセットアップはできないですね。

Skipの空気圧の設定方法が書かれてますが、ダウンフォースが生成されない、低速コーナーの多い、例えば岡国のようなサーキットだと、空気圧は低めにして、その逆のスパのようなサーキットでは高めにするのが基本とのことです。
スポンサーサイト

Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide その2

以前の記事Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide を紹介しましたが、内容が追加されています。

3.3: Car control
3.4: Braking technique
3.6: Self analysis
の部分ですが、特に Self analysis のところは参考になりました。
なるべく効率よく練習することが必要で、それは実際に走る練習するだけでなく、テレメトリのチェックをしたり、他の速い人のラインを参考にしたり、自分が(レースシムで)走ってる様子を確認したりすることも重要で、特に初心者の人はこれをやらないと悪い癖がついて、それを後で解消するのが大変になるなどです。

これはほんとにそう思いますね。特にiRacingでは速い人とのテレメトリ比較ができるので、自分が遅いのがどこか、改善すべきところがどこなのかが良く分かります。他のレースシムではこれができないので、今まで随分時間の無駄をしていたなと思います。

Virtual Racing School のテレメトリツール

Virtual Racing School がテレメトリツールを提供しています。
vrs.png
(クリックで拡大)

iSpeedのアナライザーに比べて、使いやすいと思います。
特にレーシングラインの比較がこちらの方がやりやすいのと、Googleマップと連動しているので実際にどのあたりで曲がっているのかが良く分かります。
あとは、レース用PCでなくてもどのPCでも使えるところもいいですね。(会社にいるときでも使用可能)

iSpeedのアナライザーは、データがアップされている多くの人と比較ができますが、こちらは、特定の(インストラクター?)の人の物しか比較ができません。まあそれでも自分には問題ないですが。



Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide

Virtual Racing SchoolがiRacing career guideを紹介しています。
まだ途中のようですが、なかなか面白いです。

Virtual Racing Schoo は iRacing 向けに解析ツールや動画で走り方のチュートリアルを提供しています。
今は無料のベータですが、そのうち Apex Racing Academy のように有料になるのかな..

記事としては特に目新しいことは無いのですが、iRacing (だけでなくレースシム)入門には役に立つかと思います。

実際に iRacing をやるために必要なことをリストアップしてますが、まあ改めてこういうのを読むとやっぱりレースシムの敷居は高いなぁと思います。

PCの知識、ハンコン、3画面、プレイシート、それに加えて、日本語ネイティブの方は英語力も必要だし。
そういう事も乗り越えてレースシムやられてる方は素晴らしいですね !

スマホ VRでレースゲームやってみました。

スマホのVRでProject CARSやってみました。
使ったのは、この3DグラスVRidgeというアプリ、スマホ(AXON mini )です。スマホにはジャイロセンサーが必要です。

SteamVRでVRができました。

まあ、一応VRにはなりましたが、予想していた通り、解像度が良くなくて、遠くがぼやけてしまって、走りにくかったです。スマホの解像度は1920x1080です。
それよりも問題は走っていると、視点のセンターがずれてきて、勝手にどんどん横方向を向いてしまいます。センターのリセットもキーで可能ですが、走ってる最中にそんなことできませんよね。まあOculusのようにセンサーでトラッキングしてないので、仕方ないのかもしれませんが。
あと気になったのが、視界がちょっと狭いというか、周りの車が小さく感じるというか、結局このような感じで、四隅が描写されないせいなのか、良く分かりませんが...

もしこれがOculusもそうであれば、かなり残念ですね。例え解像度が良くなったとしても、これだったら、3画面とかの方が全然良いと思います。確かにステアリングは自分が操作してる感じだし、横も向けるのでそのあたりはリアルなのですが..

また、フライトシムのAerofly FS 2をやってみましたが、こちらはなかなか良かったです。Aerofly FS 2は3D Visionに対応していないし、5画面だと上下が狭いので、コックピットが上手く表示されず、使い物になりませんでした。
VRであれば、コックピットもちゃんと表示されるし、頭を振れば、そっち方向に視点が変わるし。
遠くは画像が荒くなりますが、近くは結構いい感じで3Dで表示されます。センターもずれることはあまりありません。

ただ、まだアプリが不安定で、VRで表示されなかったり、画面がぐちゃぐちゃになったりすることはあります。

自分は眼鏡をかけてますが、3Dグラスは焦点距離を変えられるタイプだったので、眼鏡無しで大丈夫でした。

あと、Assetto CorsaもVRになりましたが、こちらは画像が完全におかしくてだめでした。

iRacing、GTA VはVRになりませんでした。Witcher 3はVRになりましたが、画像が荒すぎて、特にメニューの文字が全く読めなくてダメでした。

The SIMPIT 復活とシムレーサー向け読み物

The SIMPITが活動再開してました。
これは、Shuan Cole 氏がやっているレースシム向け情報サイトです。

Shuan Cole は以前レースシム界隈では有名な情報サイトINSIDE SIM RACINGをDarin Gangiと共にやってましたが、何年か前にThe SIMPITを始めました。ここ1年ほど更新が無かったのですが、何か別の仕事をしていたようで、それが終わってまたレースシム活動を始めたようです。

で、新しいYoutubeで以下の紹介がありました。

Virtual Race Driver - The Book
これはエイリアンと呼ばれるトップクラスのシムレーサー達が、速くなるために彼らが必要と思っていることが書かれています。
ここからダウンロード可能です。
こういう物を無償で提供してもらえるのはありがたいですね。

V8 Super Carsって...

iRacing でNissan GTP ZX-T が出たので、試してみたんですが、自分には、かなり難しいですね。
特に 2速までで少しラフにスロットル操作すると、直ぐスピンしてしまいます。

じゃあ、今まで一番難しいと思ってた V8 Super CarsのFord Falcon FG V8はどうだったかなと思い、乗ってみたら、Nissan GTP ZX-Tよりもさらに難しい(笑)
何でこんなに難しいのか調べてみるとV8 Super Carsって、スプール・デフというものを使っていて、ずっとデフロックの状態が維持されるようです。
https://www.reddit.com/r/iRacing/comments/3nsfa8/are_the_v8s_that_difficult_to_drive_in_real_life/
http://www.f1technical.net/forum/viewtopic.php?t=21600&start=15
という事でいまいち理解できていない、デフについて調べてみました。


このビデオはデフの仕組みが良く分かります。(最初はいったい何の説明なんだと思いますが、見ているうちに、なるほどそういうことかと納得します)



これはデフロックについて説明してます。プリロードのスプリングって、こんな風になってるんですね。

iRacingでは、デフロックの調整ができる車種では、プリロードのみでの調整になってるようです。
ここに説明がありますが プリロードの値を高くするとよりロックする方向になり、減速時にアンダーステア、加速時にオーバーステアとなります。(ロックスと曲がりにくくなるのでアンダーとなるのは分かるんですが、なんで加速時にはオーバーになるのか、分からないですが..)

rFactorやAssetto CosaではPowerとCoastでも分かれてます。

という事でV8 Super Carsは常にロックという事で、減速時は凄くアンダー、加速時は凄くオーバーになっちゃうんでしょうね。
なんでスプール・デフなんか使ってるんでしょうか。

Nissan GTP ZX-T の方は、私にはこのままでは、レースは出来ません(汗)
なので、この車種だけは throttle assistance をオンに設定しました。

もう一つ、最近分かったのが、iRacingのピットストップ時のタイヤ交換する、しない、給油量の調整等のやり方です。
ピットマクロで設定するんですね。
ここに詳細が書いてあります。
なるほど...

Grand prix 1,2をDosboxでプレイ

少し前にTwitterで初めてやったレースシムの話題が出ていたのですが、自分はMicroproseのGrand Prix 1でした。

その頃海外のゲームメーカーで働いていたのですが、毎月一回無料でゲームがもらえる日というのがあって、ゲームの箱がいっぱい置いていある部屋でこれを見つけて、もらってやったのがきっかけでした。

仕事中にもやってるのを見つかって怒られた思い出が(笑)

で、色々検索してみたら今はabandon wareになっていて、Doxboxを使えばプレイできるということがわかったので、久しぶりにやってみました。今やってみてもかなり面白かった。キーボードでのプレイですが、やっぱりきちんとライン取り、適切なタイミングでブレーキ踏まないと、タイムが出ません。

GrandPrix1を初めてやった時に思ったのが、これは、車の横Gが画面を通して感じられるという事でした。キーボードによるステアリング操作、アクセル、ブレーキ操作に伴い、物理量の変化として、コースのライン、風景が上手く変わっていくためだと思います。もちろんオン、オフの操作なので、今のようにアナログ的な入力はできないですが、パルス制御のように、オン、オフの時間間隔を変えることで、ある程度のアナログ的な制御はできました。

Grand Prix 2では、かなりグラフィックも良くなっていて、20年前のゲームですが、今でも十分楽しめます。


Grand prix 1

Grand prix 2

Protect Cars

たまにProject Carsのベータ版をやっていますが、最近のリリースはかなり良くなってますね。

バグだらけで、レースで自分にコントロール来るまでに逆走したりしますが(笑)、グラフィックとサウンドはかなりのものになってます。ACも結構グラフィック良くなってきてますが、自分の感覚ではこっちのほうがだいぶ良いと思います。最初の頃はフォーミュラカーは酷かったですが、今は乗る気がします。

今までオフでレースシム走っても面白いと思ったことは殆どなかったですが、これだけグラフィック、サウンドがリアルになってくると、オフでも結構楽しいですね。

最初にベータ版購入してから2年半経ちましたが、進化を見ていけるのは面白いですね。このままリリースされなくてもいいや(笑)

rFactor2

ここのところ1年ぐらい rFactor2はやっていなかったのですが、以前に比べるとかなり良くなってますね。
前のPC環境がスペックが低かったので、いまいちという印象を持ったのかもしれませんが。

前はかなり挙動がシビアで難しすぎるという印象だったんですが、そんなことはなくて、特にrFactorと比べるとこちらのほうが乗りやすいのでは(もちろん車種にもよりますが)という感じですね。

だだ、いっぱい車種がでてくるフロントエンドは使いにくいし、ダサいですね。まあいいんですけど。

マルチに関してはやはり rFactorに慣れているし、結果をhtmlに出力するのもできるので、今のところ次世代のレースシムとしては、私的には一歩抜き出た感じでしょうか。コースもそこそこあるし。

DTM Experience マルチ来る?その2

DTM Experience のマルチができるようになったのはいいんですが、鯖建ての方法が分かりません(汗)

もしかして、今のところユーザーでは鯖建てできないのかな..

DTM Experience マルチ来る?

DTM Experienceでマルチアルファ版リリース来そうですね。
http://insider.simbin.com/dtm-experience-2013-online-multiplayer-launched/

こちらを見ると、既に2014シーズンパスフォルダを持ってる人には既にリリースされているようですが。
http://steamcommunity.com/games/211500/announcements/detail/1388547564054769434

最近はAssetto CorsaやGSCをokigaruで鯖建てしてますが、DTM Experienceも良さそうであれば、鯖建てするかも。
実はrFactor2もなかなか良いのではと最近思っています。
一週間ごとに順番にやるのも面白いかもしれないですね。

Game Stock Car Extreme 購入

なかなか次世代のレースシムでマルチが本格的にはやってこないので、Game Stock Car Extremeならどうかと思いまして、購入してみました。

グラフィックはいまひとつですが、rFactorのMODにしてはかなり良いと思います。挙動も自分好みだし。

こちらで鯖建ての要望のアンケートをやっています。要望がそこそこあれば、鯖建てしようと思います。

しかし、発売されてから rFactor 9年、GTR2 は8年、RACE07 は7年も経つのに、未だにこれらを超えてはやりそうなレースシムがないというのは、ちょっとさみしいような。今のところAccetto Corsaが最も有望そうですが、R3E、rFactor2、ProjectCARSにも期待したいところですね。

Project CARS

Project CARSを久々にやってみました。
今はSteamに対応していて、アップデートが便利になりました。

一年以上やってなかったけど、だいぶ進化してますね。
やっぱりグラフィック、サウンドはこれが一番いいですね。挙動も前よりだいぶ良くなったような。

残念なことにマルチは全然やられていない様子です。
今は確かもうこれベータ?メンバーの募集はしてないので、購入できないんですよね。
フロントエンドとかまだまだだし、発売はいつになることやら。

DTM Experience 購入

レースシム界隈でほとんど話題になっていないR3E(RaceRoom Racing Experience)ですが、そろそろこちらもマルチができるようになりそうなので、DTM Experience を買ってみました。

かなりいい感じではないでしょうか。R3Eはいまいちかなと思ってましたが、こちらはなかなかよさそうです。

グラフィックはACとそんなに変わらないと思います。R3Eとは別物のような感じですね。

挙動はRACE07と似たような感じかな。

しかし、自分が買ったのはSteamからで、このシーズンパスじゃないからもしかしてマルチができるようになっても買い直しかも(汗)

早くマルチやってみたい。

Assetto corsa 購入

Steamでセールをやっていたので、ようやく Assetto corsa を購入しました。

やっぱりこれいいですね! 特にフェラーリの(本物に乗ったことないけど)挙動とか、スキール音とかが秀逸です。

自分の環境(Core2 Duo、HD7770)でも重くないし。

早くマルチやってみたいな。

Assetto Corsa

Assetto Corsa Technology Previewやってみました。
最初は、ドアンダーであれ、これアーケードっぽい挙動かなって思いましたけど、ステアリング回転角度調整して、だいぶ良くなりました。

自分のHD7770だと、3画面でグラフィック設定最低で、なんとか60fpsぐらいですね。
projectCARSだと、3画面は無理ですが...

次世代のシム(rF2、ProjectCARS、R3E、Asetto Corsa、iRacing)の中では自分的には一番よさげです。
もうちょっと加重移動で曲がってくれるといいんですけど。

次のメインはこれになるんでしょうか。まあ、マルチの感じ次第ですけど。

でもやっぱり限界を超えてからのRACE07の挙動が好きだなー。

Game Stock Car 2012、Power & Glory 、Ferrari virtual academy

この休みの間に、Game Stock Car 2012、Power & Glory 、Ferrari virtual academyをちょろっとやってみました。

Game Stock Car 2012
rFactorの有料MODですが、かなり良いですね。
限界を超えてからの挙動(リカバリしやすい)とか、サウンドがとてもいいです。
グラフィックもまあまあだし。総合点から言うと、今までやってきたレースシムの中でも最も良い部類に入ると思います。
思わずポチろうかとしましたが、マルチは外鯖だけだろうし、自分で鯖立てても人は集まらないだろうし、既にGTR2の
鯖立ても始めてるしで、まあそんなにやらないだろうなというところで、やめときました。
ミニでマルチしたら楽しいだろうなぁ...

Power & Glory v3.0
こちらはGTR2のMODです。かなりGTLに近づいてるのでは。しかしLoadingに凄く時間がかかりますね。
グラフィックも結構かくつくことがあります。でもまあ、GTLはロビーの問題とかあるし、
rFのHistriXも敷居がちょっと高いかなという感じなので、自分にとってはお手軽な所が気に入りました。

Ferrari virtual academy 2010
netKarproのKunosが作ったということで、さすがにF1はなかなか良いと思います。
でも458はなんかちょっといまいちかな。

Project C.A.R.S.

Project CARSですが、マルチの機能が加わってから、結構やってます。

アーケード系っぽくて、簡単にホストができて、プラクティスや、予選が無い 5周くらいのレースがほとんどです。

気軽にマルチが楽しめて、なかなかいいのではないかと思います。挙動もそんな悪くないと思います。

グラフィックや音はいいし。

でも、やっぱりバトルがどれだけ楽しめるかというと、シミュレーター系と比べるといまいちかな..

GTR購入 (SimBin Mega Bundle)

GTR購入しました!
いまさらですが..色々レースシムを買いあさってきましたが、これは持ってなかったんですよね..
Steamで購入できるようになったので、900円ほどだし、買っちゃいましたww
GTR2持ってるので、いまさらGTR買っても何の意味もないんですが..
ちょろっとやってみた感じではFFBがいまいちですが、そんなにGTR2と変わらないかなという感じです。
GTR3ってほんとに出るのかな。

SimBin Mega Bundleってのも出てますね。
色々入って$45.99 USDってのは結構お得なのでは。

これ買えばokigaru鯖でレースできますので、ぜひ (汗)

Project C.A.R.S.

グラフィックがいいだけのレースゲームはもう買わないと、心に誓った自分でしたが、InsideSimRacingで紹介されてたC.A.R.S.がとてもきれいで、まあ、1000円ほどだしと思って買っちゃいました。

挙動はいまいちとのうわさもありますが、NFSとかF1 2011に比べれば全然まともだと思います。もちろんリアルのレースマシンとか乗ったことないので、他のレースシムと呼ばれている物に近いという意味ですがw。

ただ車種によってかなりできが違うようです。Formula Aとかカートとかは結構ひどいw。
でも80年代のF1とか、ツーリングカーっぽいのとか、なかなかいい感じです。

特にAsano X4 TuringというDTMみたいなやつがいいです。
これでスパ(もどき)とか、ワトキンスグレン(もどき)を走るととても気持ちいいです。
マルチでもないのに、何周も走ってしまいましたw

グラフィックはさすがにきれい。音もいいですね。これからに期待したいと思います。

iracing 等

一瞬仕事に余裕ができたので、購入してからほとんどやってなかった Dirt3、Shift2、F1 2011等をPlayしてみました。30分と持ちませんでしたw
あと、iRacingも再加入しました。まあ1ヶ月でやめるでしょうが。

やっぱり iRacing いいですねぇ。車体の重さが一番正確に感じられるような気がします。グラフィックもいいし。
rFactor2も少しでもこれに近づいてもらえると、嬉しいですが。

rFactor2 ベータ

少し走ってみましたが、FFBとか、スキール音とか、なかなかいい感じですね。
しかし、難しい...
AIを最弱にして、アシスト入れても勝てないww
まあ自分がRACE系のぬるさに慣れてしまったというのもあるかもしれませんが..
FFBの強さって変えられないのかな..

rfactor2 ベータ購入

様子見は、終わりまして(早っ)rFactor2ベータ買いました。

自分のPCスペックはCore 2 Duo E7500、メモリ2G、GTX260ですが、やっぱり3画面はきついですね。
設定下げても20fpsぐらいしか出ません。

3画面でなければ、Middleぐらいの設定で60fpsは出ます。マルチで10名ぐらいのところに参加してみましたが、50fpsぐらいで、ちゃんとレースはできました。
まあこの辺はコースでも違うのでしょうけど。

rFactor 2

rFactor2 ようやくベータ版がダウンロードできるようになったようですね。
忙しいし、とりあえずは様子見かな...

Dirt3、F1 2011バンドル購入

お久です。

相変わらず忙しくて、RACE07以外のシムは全然やってませんが、Dirt3とF1 2011のバンドルが 33.99ドルで出ていたので、購入しました。3000円弱ぐらいですかね。しかし、F1 2011はなぜか Steamでダウンロードできません。

自分のとこだけでなくて、世界中そうみたいですね。せっかくお金払ってすぐにでもやりたいとみんな思ってるだろうに、この仕打ちは...

Rechard burns rally スクール

ラリーネタを書いたので、続けてRechard burns rallyのスクールについてちょっと紹介しときます。

Rechard burns rallyは2004年発売開始らしいので、もう7年も前のタイトルですが、レースシムとして非常に評価が高かったようですね。

私が特に気に入っているのはスクールです。
・ハンドブレーキによるタイトターン
・ブレーキ、アクセル操作による荷重移動を使ったコーナリング
・サスを硬くしたり、柔らかくすることによるハンドリングの違い
・パワースライド
・スカンジナビアンフリック
等々、速く走らせるための車の挙動の把握ができるように工夫されています。


スカンジナビアンフリック


ハンドブレーキ

(余談)
RBRは2004年リリースですが、他のレースシムのリリース時期も調べてみました。
rFactor:2005年8月
GTL:2005年10月
GTR2:2007年2月
RACE 07:2007年8月
どれも古いなぁ。というか息が長いというか..rFactor2本当に今年でるのかな。

Dirt 購入

Dirt3の書き間違いではありません、Dirt3と間違えて買ったのでもありませんww
Dirt3を購入した方が、Dirt3は少しDirtに戻ったところがあると言われていたので、9ドルぐらいだし、どんなものかと思ってポチリました。

Dirt2を持ってるのにDirtを買う意味はあるのか..



ありませんでしたw

しかしこの機会にDirt2やRBRを久々にやってみましたが、ラリーの楽しさを再発見してしまいました。

Dirt2を買ったのは、ラリークロスがおもしろそうだと思って買ったので、殆んど普通のラリーはやってなかったんですが、コドライイバーの指示に従って知らない道を限界を探りながら走るのは、結構面白いですね。
特にDrit2はコドライバーの指示や状況報告とか豊富ですし。

サイドブレーキを使ってヘアピンを抜けたり、ドリフトでコーナーを攻めるのはやっぱり楽しい!

Dirt3はセールが始まったら買おうかな..

iRacing その2 (トレーニング)

iRacingをやっていて、他のシムに比べてトレーニングに良いと思ったことがいくつかあります。

・良いテレメトリがある
iSpeedというテレメトリがあります。これの特に良い点は、今までの自分のベストラップが記録され、ベストの時のスプリット(もしくは1周)のタイム差およびスピード差をリアルタイムで表示してくれます。(ボイスでも知らせてくれます)。タイムが上回った時は緑、下回った時は赤で表示され、とても分かりやすい。文字も大きくできるので、走行中でもばっちり確認できます。
これを使えば、コーナリングが良かった時と、悪かった時のタイム差がはっきり分かってとても良いです。
また、Telemetry Analysisもとても良いです。これを使っている他の人のテレメトリデータが自動的に鯖にアップされ比較することができます。MoTecでは、自分のテレメトリは比較できますが、他の速い人との比較はデータをもらわない限りできなかったので、これができるのは、非常にうれしい。MoTecに比べると情報は少ないですが、これでも十分でしょう。また、ライン取りの比較もできます。

・リプレイでライン取り、ブレーキングが把握しやすい
chaseのモードだと、ライン取りが良くわかりますし、ブレーキランプも(ついてる物に関しては)ちゃんとつきます。Race 07だと他の人のブレーキランプはつかなかったかと思います。テレメトリでもブレーキ開始ポイントは分かりますが、他の速い人たちが実際のコースでどのあたりでブレーキ開始しているか、リプレイの方が良くわかります。また、手軽にSpectaorセッションでレースを見学でき、そのリプレイも保存できます。Spectatorセッションでそのままゴーストとして走ることもできます。

・トレーニングビデオが良い
ドライビングスクールという動画があります。内容的には初心者向けとは思いますが、ラインやブレーキング、レースに関する事基礎を分かりやすく、実際の走行動画を使って解説しています。

まあ、速い人の走りをいくら研究しても決して同じようには走れないんですけどね..

iRacing

仕事の大変さが緩和された時期が少しあり、その時にiRacingをやってみました。

さすがに、挙動はリアルだなーと思いました。グラフィックもかなり良かったです。挙動がシビアでリアルな分、バトルしてる時の緊張感はしびれるものがありました。

今までやってみたレースシム系と比較すると、(あくまでも自分の感覚ですが)挙動のリアルさはこんな感じかな。

iRacing > netKer PRO >> Race07系 = rFactor = GTL = LSF

これだけクオリティが高いと、利用料金が高いのも納得ですね。

時間とお金に余裕があれば、ずっと続けてもいいかなとは思うのですが、今は休止中です。一旦休止しても、再開するときは休止前のクラスから再開できるし、購入した車やコースは買い直さなくてもそのまま使えるのはいいですね。

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。