スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメポ動画



ダメポシーズン15最終戦です。JINさん、作成乙です。
スポンサーサイト

Live for speed をポチット...

Live for speed をアンロックしてしまいました。鯖はあまり立っていないようですが、デモをやってみて、ISI系のシムとは違うなぁと。特に滑り出してからのコントロールがrF、GTR2より、やりやすくてここのところは私にとっては面白いですね。まあ、rF、GTR2のそれぞれのMODでもやりやすさは違でしょうし、上手な人は、ISI系のシムでも上手くカウンター当てられるんでしょうけど。

昔雪が結構積もる地域に住んでいて、その時はFRの車だったので、雪が降るとリアを滑らせて遊んでいたんですけど、あのときの楽しさがよみがえってきます(^_^;

あとは、これにもトレーニングのモードがあるので、それを期待して、買いました。(でもこのトレーニングはたいしたこと無いかも...)

荷重移動とダンパー設定

荷重移動が重要ということは前の記事に書きましたが、荷重移動にかかわるセッティング項目のダンパーについて、調べてみました。

Skid Panサーキットでぐるぐる回りながら、アクセルのオンオフをして、車高とダンパー速度の変化を見てみました。
荷重移動1

下のグラフは、横軸がダンパーの動作速度で、マイナス側がリバウンド(伸び側)、プラス側がバンプ(縮み側)で、縦軸がその割合、色が濃い方が、動作量が大きいというものです。
荷重移動3

荷重移動2

上側が、Slowダンプのバンプ側、リバウンド側の全ての値を最大、下側が全ての値を最小にしたものです。
値が大きい → ダンパーが硬い、動きが遅い、荷重移動が遅い
値が小さい → ダンパーが柔らかい、動きが速い、荷重移動が速い
ということです。

結果から、確かに上側のダンパーが硬い方が、速度が速いものの分布が少なく、下側のダンパーが柔らかい方が、速度が速いものの分布が大きく、横への広がりが大きくなっています。

運転した感じでも確かに、ダンパーが柔らかい方が、アクセルオフ時により反応が早く、内側に(アンダーを打ち消す)ようでした。

今回は話を簡単にするために、硬いのと、柔らかいのと2通りしかやりませんでしたが、ダンパーによるアンダー、オーバーの調整は、こちらを参考にしてみてください

荷重移動

荷重移動はドラテクの中で最重要であると色んなところで言われてますが、実際荷重移動をどのように走りに生かしていけばいいのか、よく分かりませんでした。Vテックスポーツ(Vol.29)という雑誌の中島悟の記事に荷重移動に関する良い話がでていたので、紹介します。

荷重移動が重要だというのは、例えば、私がよく参考にしているRacer Alex Advanced Formula 1 Setup Guideにも As the car pitches (movement forward and backward) and rolls (movement from side to side) under acceleration, braking and cornering, this weight transfer must be manipulated to your advantage. Keep this in mind at all times because it is the name of the game. のように荷重移動がゲームの全てだみたいなことが書かれていたり、http://hiro54321.blog28.fc2.com/blog-entry-120.htmlで紹介した、週刊オートスポーツの記事のところで、「例えば富士スピードウェイの場合、ダウンフォースを減らして直線スピードを稼ぐ必要があるが、そうすると低速セクションでは曲がりにくい車を荷重移動を使って曲げるドライビングが必要になってくる」 と書かれています。

ただ、どのようにして荷重移動を活かしてドライビングすればよいのか、よく分からなかったのですが、Vテックスポーツ(Vol.29)の中島悟の荷重移動の話で、ああ、こういうことだったのかと、思いましたので、一部抜粋して紹介します。

「まず、重要なことは、車の重みをなるべく四輪均等に配分すること。どこか一輪に重さが偏ってしまうような運転はNGで、重さはできるだけ四輪に分けるようにする。具体的には、例えばFFの車でなるべく前輪だけに重さが集中しないように、コントロールするには、ブレーキはステアリングが真っ直ぐの状態でかける。加速時も舵角が大きい状態ではトルクをかけない。また加速する直前まで減速し続けいていると、アクセルを踏んだときに車の重さが一気に前から後に移動して前輪のグリップを失ってアンダーステアを出してしまう。」

「極言すればステアリングは車庫入れのためにあるのであって、車の方向を変えるのはステアリングではない。スポーツドライビングにおいては、ステアリングはあくまできっかけを与えるもの。それにブレーキやアクセルを組み合わせて、タイヤの許容範囲内で重さの足りないタイヤに重さを移し、重さが偏っているタイヤからは重さを減らして姿勢をかえる。この重さの増減こそドライバーが車に与える力なのだ。」

「ブレーキは直線部分で終わらせて、クリッピングポイントではちょっとだけでいいからアクセルに足を乗せて、加速状態で曲がっていくこと。そうすれば、ちょっとアンダーステアを出してもアクセルを戻すだけで(荷重がフロントに行くので)アンダーを消すことができる。」

アンダーの対処法は上記のとおりで、オーバーの対処方法はそれと逆で後に荷重がかかるように、アクセルを多少開ける、ということになりますが、オーバーになったときにアクセルを踏むのは難しそうですね。だから一般的に弱アンダーのセッティングが好まれるんでしょうか。

このようにアクセルやブレーキを使って、荷重を移動させて、曲がりにくいものを曲げたり、曲がりすぎのものを曲がらないようにコントロールするのか、重要なんでしょうね。

あと、この記事で面白かったのは、中島悟はお兄さんのガソリンスタンドで配達を手伝っていたときに、いかにして荷台のドラム缶を揺らさずに走るのかを追求しているうちに、重さの移動に着目することになったとか。まるで、某なんとかDの漫画でコップに入れた水をこぼさずに運転するというのとよく似てますね。

 

サスペンションの役割とセッティング

だいぶ理解してきたサスですが、Racer Alex Advanced Formula 1 Setup Guideにまた良い説明がありましたので、紹介します。

Suspension: how it all works together
General principles:

スプリング(基本使用法)
Springs (Primary usage)

高と車のラフなハンドリングバランスを設定する。
Establish ride height and “rough-in” the handling balance of the car.

フロントスプリング
Springs (front):
素早い反応を得るために、また車高を下げるために、なるべく硬くする。
Use as stiff a spring as possible for quick driver response and lowest possible ride height.
リアスプリング
Springs (rear):
ブレーキング時と、ターンイン時、加速時に良いトラクションを得るためになるべく柔らかくする。
Use as soft a spring as possible for better traction under braking/turn-in and acceleration.
ダンパー(基本使用法)
Dampers (Primary usage)
バンプの通過時や荷重移動時のスプリングの負荷の吸収をコントロールし、ハンドリングのファインチューニングを行う。
Fine-tune handling by controlling spring loading/unloading over bumps and under weight transfer.
フロントダンパーDampers (front): フロントエンドのグリップを得るためになるべく柔らかくする。
Use as soft a setting as possible for best front-end grip.

リアダンパー
Dampers (rear):

高速コーナーでの安定性を良くするために、できるだけ硬くする。
Use as stiff a setting as possible for good high-speed cornering stability.
スロー側設定
Slow settings:
(ピッチおよびロールの)荷重移動時のスプリング重量をコントロールする。
Controls sprung weight (chassis pitch and roll) during weight transfer.
ファースト側設定
Fast settings:
(タイヤとホイールの)バンプと縁石上のスプリング重量をコントロールする。
Controls unsprung weight (tires and wheels) over bumps and kerbs.
アンチロールバー
Anti-roll bar (Primary usage)
定常時のコーナリングのシャーシのロールを制限する。
Limit chassis roll under steady state corner loading.
フロントアンチロールバー
Anti-roll bar (front):
コーナリングのターンイン時の安定性を良くするために、硬くする。
Use as stiff a roll bar as possible for good corner turn-in stability.
リアアンチロールバー
Anti-roll bar (rear):
コーナー出口の加速時のトラクションを良くするために柔らかくする。
Use as soft a roll bar as possible for better traction under acceleration on exit.

車高と最高速度 その 2

車高と最高速度のところでOutwingさんからのヒントで、
F 高い R 低い=リアウィングへの風量が少ないので最高速が伸びる = グリップが悪い
F 低い R 高い=リアウィングへの風量が大きいので最高速が伸びない = グリップが良い
ということなのかと思い、トラクションサークルを使って各場合でグリップを調べてみました。
オレンジが車高の前2、後6.5で、黒が前4.5、後3.5の時のAIに走らせた(バルセロナ)データです。

グリップ比較2

これは明らかにオレンジの方がグリップ力が高いですね。

F 高い R 低い=リアウィングへの風量が少ないので最高速が伸びる = グリップが悪い
F 低い R 高い=リアウィングへの風量が大きいので最高速が伸びない = グリップが良い

は正しかったようです。
ちなみに、ラップタイムはオレンジ19.5、黒23.8でした。
最高速度は上がってもグリップが下がってコーナリングスピードが落ちてしまって、タイムが悪くなっているようです。

ということは、車高でアンダー、オーバーの調整をした場合は、ウィング等でグリップを再調整する必要がありそうです。

Outwingさん、ヒントをありがとうございました!

トラクションサークル

MoTeCの初心者向けガイドにトラクションサークルを計測できると書いてあるのですが、今までそれができるMoTeCのプロジェクトがどこにあるかわからなかったので、計測できなかったのですが、ここにそれがあることを見つけたので、ダウンロードして、そのプロジェクトを使って計ってみました。まずは、トラクションサークルってなんぞやということですが、以下の某マニュアルから勝手にwスキャンした説明を見てください。TV Styleで出てくるGメーターと同じですが、
トラクションサークル
特に状態3とか5のあたりがなるべく円の中心から離れたほうが、タイヤの限界まで使えているということですね。

下は、バルセロナで、タイムが悪かったとき(黒)と、それなりに自分では良かったとき(オレンジ)のタイムのトラクションサークルのデータです。
トラクションサークル2
確かにオレンジのときのほうが、より外側にデータが行ってますね。だから何なんだwということもありますが、MoTeCの初心者向けガイドによると、ラップが進むにつれての、グリップの無くなり具合をこれで比較して、大きくグリップが落ちるようだったら、固めのタイヤをチョイスした方が良いと書いてありました。毎回同じように走れるならば、これでグリップ力の比較ができるかもしれませんね。AIに走らせればグリップ力の比較ができるかもということで、早速実験をしてみました。

グリップ比較

オレンジがウィング前32、後32で、黒が前40、後40で、AIに走らせた時のデータです。右下のトラックの絵に赤いぽっちがあって、それをマウスで動かすと、オレンジと黒の十字がでて、それをたどっていくと、ちょっと微妙なのですが、確かに黒(ウィングが立っている、グリップが高い)の方がよりGがかかっている感じです。

トラクションサークルを使えば、グリップ力が計れそうです。

車高と最高速度

以前、車高を変えても最高速度はそんなに変わらないと、書いたのですが、車高の前と後の高さの関係よってはかなり最高速度が変わることが分かりました。
下のグラフは、車高を後を3.5~6.5まで1刻み、前を2~4.5まで0.5刻みで増やしたときの最高速度です。(サーキットはバルセロナMODはMMGだめぽ)

車高

一番速いときと、遅いときで4km/h違います。このグラフから見ると、前が高くて、後が低い方が最高速度が高いことが分かります。なんでこうなるのか、全然分かりませんが、私はオーバー気味が好きなので、前を下げ気味にしていたのですが、そうすると、最高速度は落ちてしまっていたんですね。

単純に前を上げて、後ろを上げると良いのかどうかは分かりませんが、車高の変更による、アンダーオーバーの調整は、最高速度が変わるということに気をつけないといけませんね。

EA F1 Challenge Driving Guide (ドライビングTips紹介)

F1 Challenge Driving Guideに参考になることが幾つか載っていたので、抜粋して紹介します。これはEAのF1 Challenge向けなので、rFactorにはそのまま当てはまらない部分もあると思います。

Cockpit 視点か、 TV-Camera 視点かどちらが良いかですが、Cockpitの方は、ターンイン時により下部からの視点で、正確さに有利で、TV-Cameraはより上部からの視点でコーナーを見渡せるので、有利です。著者は、Cockpitを使ってますが、慣れれば、どちらでもそんなに差は無いでしょうとのことです。(ちなみに私はずっとTV-Cameraでしたが、最近Cockpitに変えました。)
Cockpit view or TV-Camera style onboard view..? I use the standard cockpit view myself and most of the fastest drivers seem to use the same (though there are some exceptions). For me it's mainly down to realism (I want to feel as though I'm in the car), but it's also down to turn-in accuracy - although you can see more of the track and upcoming turns with the TV-Cam view I actually find the standard cockpit view much more accurate when it comes to choosing a turn-in point. So I will always use the cockpit view but I don't see anything wrong with people using the TV-Cam view in leagues etc - some people think the TV-Cam view gives an advantage as it is higher up but I've tested both and I didn't notice much difference in the lap times (I certainly wasn't faster with the TV-Cam view).

エンジン音を下げて、タイヤの音をより聞こえるようにして、そこからタイヤロックや、スピン、タイヤの泣きの情報を得る。リアリズムは損なわれますが。(最近私がスキール音が出ないと騒いでいたのは、これを読んだからですwww)
Another tip when setting up the game is to lower the Engine volume. By default they are set quite high but I find that lowering the Engine volume to 40% and keeping the Sound Effects at around 95% allows me to hear what the tyres are doing much more easily - I know when I am locking up, spinning the wheels or screeching the tyres. It might not be as realistic to actually hear these sounds so well but at the same time you don't have the benefit of being in a real F1 car and feeling the behaviour of the car and the tyres on the circuit.

コントローラーのデッドゾーンはハンドルを除いては0%でよい。ハンドルは物によってはストレートでガタガタすることもあるので、1%ぐらいにした方が良い場合もある。
'Axis Deadzones' are areas in the axis travel which won't give any response - so if you have a 5% deadzone on the steering axis (X axis) you will have to turn the wheel for around 5% of it's full lock before the car starts to turn, and if you have a 10% deadzone on your brake axis you will have to press the brake pedal down for the first 10% of it's travel before the brake actually starts to do anything. This is very bad and as a result it is recommended that most people using a steering wheel should set all deadzones to 0% (I think they are set to 5% by default so they need to be adjusted to 0%).
I have all deadzones set to 0% with one exception - the steering axis on my Logitech Momo. The Momo rattles slightly in a straight line - normally this wouldn't be too bad but because I use 0% Speed Senstivity it means the car is very sensitive and can start going off line at high speed quite easily. As a result I use a very small 1% deadzone on the steering axis (X axis) so there is a tiny section of wheel travel which doesn't do anything.

セッティングに関しては、色々と試してみること。例えば、著者はモナコではウィングを50-50が最も良いと信じて疑わなかったが、他の人が32-40で良いタイムを出しているという例もあった。
One thing I will say about setting up the car is simply don't rule anything out. I have been guilty of this in the past; assuming that depending on the circuit there were some settings you simply shouldn't try as they would never work. For example don't assume Monaco is 50 front - 50 rear wings and nothing else, it's always worth trying something new. I remember a few months ago I was discussing setups with someone online and they told me they were using 32-40 wings (32 front and 40 rear) - I couldn't believe it and I actually told them they wouldn't be able to do decent lap times unless they were using a setup where the front wing was greater than (or at least equal to) the rear wing. That's what I believed at the time, however since then I have tried adjusting setups to use greater rear wings (while using other settings to balance the car) and it has worked with very good results. So now I know that it is possible to make a very useful setup with wing settings I used to think were "back to front".
Until you have actually tested something for a good few laps you can't be sure it is wrong to take your setup in that direction.

ドライビングスタイルは人それぞれなので、自分に合ったセットを見つけること。
Another thing I always found quite hard to understand was the theory of making a setup "to suit your driving style". I never thought it made much difference; surely everyone had pretty much the same driving style and if you had a good setup you'd be able to drive fast, but once again I have since realised this is untrue - making a setup for yourself is important. I think my driving style is pretty average - I like lots of turn-in and corner grip (who doesn't?) and I prefer a bit of oversteer much more than understeer. Because of this my setups are pretty average too and I think that's why a lot of other people have found them useful, but there are some drivers out there who have very different driving styles - some are capable of exploiting all the grip and benefits of a high downforce setup (pushing the limits more than the rest of us) while others have the ability to cope with much less grip and enjoy the nice straight line speed and acceleration of a low downforce setup while still being able to get the car through the corners quite well.

(著者は)通常はどのサーキットでもリアのアンチロールバーとスプリングをやわらかくして、加速時のトラクションを稼いでいる。フロントのアンチロールバーとスプリングは、サーキット毎で変える必要があり、結構セッティングは難しい。
I normally find a very soft rear anti-roll bar (between 30 and 50) can really help with rear wheel traction, and very soft rear springs (between 95 and 110) are useful for the same reason - I apply this to nearly all of my setups as it is very useful for driving without traction control.
The front anti-roll bar and front springs are much more difficult to set up as it really depends on the circuit and how fast you want the car to respond (and how stable you want the front of the car to be). As an average I would say my front springs are normally around 175 and the front anti-roll bar is usually around 200 but I can't recommend simply changing your setup to these values and forgetting about them - the circuit and your driving style will have a large effect on what settings you should actually use.

フロントのスプリングは硬い方が、ターンイン時や方向転換時に有利だが、その場合縁石に乗るとトラクションが得られずに難しい。
If you were to increase (stiffen) the front springs you would get much better turn-in and much faster change of direction but the car would be more difficult over the curbs and you might not have very good traction from the front end on the exit of turns.

タイヤのキャンバーを変更することも重要である。
Another setting worth remembering is tyre camber - F1 Challenge models this more accurately than F1 2002 and as a result you don't need anywhere near as much. Front camber should normally be more than the rear setting and you can decide on what adjustments to make to tyre camber by watching your tyre temperatures on the cockpit LCD display while driving. If the inside edges of the tyres are heating up much more than the middle or outside edges it probably means you have too much negative camber on the tyres. For F1 Challenge I've found that a front tyre camber of around -2.8 is useful for most circuits but the rear tyres are much more difficult to set up - If I was driving a circuit such as Spa with lots of fast turns I would probably have the rear camber at a similar setting (-2.8) but if I was driving a very low downforce circuit such as Monza (where traction out of slow corners is very important) I would probably want a much lower setting of around -1.8.

ブレーキのテクニックとしてポピュラーなのは、ブレーキング時に少しスロットルを開けることだ。ブレーキバイアスをよりリア側にすることにより、ターンインの特性が良くなるが、リアブレーキのロックが発生して、スピンする可能性がでてくる。ブレーキング時に少しスロットルを開けることにより、ブレーキバイアスをリア側にする事による、リアタイヤのロックを防ぐことができるようになる。
Another popular technique while braking is to use some throttle at the same time to steady the car (and to stop the rear of the car coming around) - this is mainly used by drivers who prefer the 'brake bias' to be towards the rear. As I mentioned earlier; when the brake bias is towards the rear there is a much greater chance of the rear brakes locking and the car having oversteer under braking - using a very small amount of throttle while braking can prevent this.
You might think "why would anyone want their brake bias towards the rear if it simply causes problems such as this?", well that's because a rear brake bias can really help corner turn-in as the car is automatically trying to oversteer, and in the early stages of this 'oversteer under braking' it will normally point the nose of the car in the direction you want to turn. So it can be a useful bonus if you can perfect the technique - you haven't even turned the wheel and the car is already starting to turn into the corner.

特に高速のシケインでは、スロットルをオフにするよりも、フルスロットルのままで、ブレーキを踏んでコーナリングスピードを調整する方が良い場合もある。例えばアルバートパークの'Waite'スパの 'Pouhon'等。ただし、このテクニックはF1CはF1 2002に比べてコーナーのグリップ力が減ってしまったので、難しくなった
One final braking technique which I used a lot in F1 2002 was a technique especially for fast turns and chicanes. If you are reaching a fast chicane in only 5th or 6th (due to the previous straight been quite short) and you know you could take the chicane in that same gear if you weren't using full throttle then rather than lifting the throttle at all you can simply tap the brakes very slightly before you turn-in. This will normally knock off just enough speed so that you can make it through the chicane with full throttle constantly applied - it will lower the revs a little bit and because you tapped the brakes before you entered the chicane you have the benefit of accelerating all the way through it, so when you exit the chicane your speed will be almost as fast as it was just before you tapped the brakes on entry. This braking technique is normally a lot more stable than lifting the throttle before a corner or chicane (especially at high speeds) so it is worth trying.Unfortunately that technique was a lot easier in F1 2002 than it is in F1 Challenge; In F1 2002 you had a huge amount of high speed grip (more than real life F1) so you could drive through a lot of the fast chicanes and corners in very high gears. The developers changed this for F1 Challenge (removing some of the high speed grip) so now this technique is much more difficult. I used to use this style of braking at 'Waite' in Albert Park, 'Pouhon' in Spa and the first fast chicane in Magny-Cours (among others) and although it can still be used at certain corners in F1 Challenge (if you have a very good setup) it is nowhere near as easy as it was.

逆にブレーキを全く使わずに、スロットルもオフにせずにシフトダウンによるエンジンブレーキだけでスピードを調整した方が良い場合もある(多少スロットルをオフにすることもあるかも)。例えば、マニクールのMaggots/Becketts/ChapelのS字
One final downshift technique I should mention can be used when you are downshifting for a fast corner that you don't really need to slow down for very much (e.g. if you were in 7th at full speed and you were coming up to a fast turn which you can normally take in 5th) - in this situation it might be better (quicker) if you don't actually brake at all. Just shift down from 7th to 6th before turn-in (without lifting off the throttle) and finally shift down to 5th as you enter the corner (maybe with a slight lift of the accelerator to prevent the negative effect on car balance that downshifts can have when lots of throttle is applied). The 'engine braking' will slow you down and that should be more than enough if you have a stable setup with a decent level of downforce - you also save the tenths you would normally lose by using the brake pedal in a similar situation.
A good example of this is the Maggots/Becketts/Chapel complex at Silverstone - I never actually touch the brake once when I negotiate that section of the lap and it saves me a huge amount of time compared to a lot of other drivers (I always have a very good first sector). I approach the complex in 7th gear, drive through Maggots and the entry to Becketts (still in 7th) without lifting the throttle at all, shift down to 6th on the exit of Becketts (with a slight lift to prevent imbalance) and then I shift down to 5th for Chapel and play with the accelerator pedal so I use enough revs to carry as much speed through the corner as possible without using too much and spinning at the apex or running wide on the exit. This technique might not be the best for a race distance (as in theory it should cause the engine to overheat earlier) but I've actually used it in some shorter races without any problems (and it is certainly a good technique for qualifying).

コーナーの出口では、ショートシフトした方が良いこともある。例えば出口で、2速に入れて、レッドに入るだいぶ手前で、速めに3速に入れる。この場合、加速には大きな影響は無いが、スピンに陥る可能性が低くなる。
Another useful technique on the exit of a corner is to short shift; in other words if you exit a tight turn in 2nd gear you can shift up to 3rd before the orange or red RPM lights actually appear. This doesn't seem to have a great effect on acceleration and it also means there is less chance of spinning because you never reach maximum revs on the exit of a turn - the car is much more likely to spin if you use maximum revs in an extreme situation (such as the corner exit with high g-force), so shifting up early will drop the revs back down and you should then be able to use a bit more throttle as you finish exiting the turn. I use this technique quite a lot towards the end of a race when the tyres have decided they'd rather not stick to the road anymore - it can be very helpful.

各種コーナーのセッティング方法 (Advanced Formula 1 Setup Guideより)

またまたRacer Alex Advanced Formula 1 Setup Guide(F1 2002向け)からの話ですが、各種コーナーでのセッティング方法が載っていたので紹介します。自分が知りたかった、どういうシチュエーションでどのセッティング項目を使えばいいのかが、結構載っています。

続きを読む

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。