スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンプカーっていったい?

最近鯖立てしてるチャンプカーですが、リアルのチャンプカーっていったいどういうカテゴリーなのか、自分でもよく分かってませんw

続きを読む

スポンサーサイト

Live For Speed Hotlap Analyser

LSF には Hotlap Analyser というものがあって、他のプレイヤーとのログデータの比較ができます。使ってみたところ、やっぱり自分はブレーキ踏みすぎ、アクセル開くの遅いということがわかりました。
Hotlap Analyser というのは、自分の一周のラップタイムのデータを LSF のサイトにアップロードして、他の人と走りを比較するすることができます。その時のセットも全部の設定項目ではないですが、見ることができます。

ちなみに、これは InsideSimRacing の Sim Racing Episode 33の 8分過ぎぐらいから紹介されています。

で、BMW SAUBER F1でBlackwood GP というサーキットで他の速い人とデータを比較してみたところ、特にブレーキを離すタイミングが遅すぎるのと、アクセルを開けるタイミングが遅くて、スピードが落ちるということがわかりました。(当たり前といえば当たり前ですが...)

最初は1周1分4秒とかで一番早い人に比べて10秒以上遅かったのですが、ブレーキとアクセルのタイミングを修正して(あと、ラインも)なんとか5秒遅れまで短縮できました。

ちなみに以下のような感じでデータの比較ができます。赤が速い人で青が自分です。
車速とブレーキ
lfs_brake.jpg
車速とスロットル
lfs_throttle.jpg
車速とステアリング
lfs_steering.jpg

これでもブレーキとアクセルは以前に比べて改善されています。それでもまだまだ速い人に比べて、ブレーキをかなり踏んでますし、アクセルも(黄色の丸のように)0.5秒くらい開けるのが遅いです。

ブレーキの方は、もうちょっと頑張れば同じぐらいにできそうですけど、アクセルはこんなに早く開けられそうもないですね。速い人はクリッピングポイントでまだハンドルの切れ角最大ぐらいのところから開けてますね。どうやったらこんなに早く開けられるのかなぁ

(2016年9月26日追記)アクセルが速く開けられないのは恐らくライン取りのせいじゃないかと思います。クリップに着くのを遅らせて、立ち上がり重視のラインを取ればよかったんじゃないかな。

rFが落ちるorz

GTX260にして以来、結構 rF が落ちます。
落ちるのは、マルチでのレース中だけで、シングルの時やプラとかQとかで落ちたことはありません。
rF再インストールしたり、DX8にして、頻度は減ったような気はしますが、7600GSの時はコネロスはありましたが、落ちるといったことはなかったので、やっぱりグラボかなとは思います。
現象は、一瞬画面が真っ暗になって、rFのエラーメッセージが出ます。

また、最近 LFS を再開したのですが、10周もしないうちに毎回落ちます。しかもこちらはOSまでフリーズするので、PC 再起動です。これも7600GSの時は起きなかったんですけどね。

グラボの電圧はツールで測ると最低でも5V、12V以上あるようなので、電源容量不足ということは無いと思います。

とりあえず、GTX260を出荷時の設定に戻して、ReplyファイルやLOGのhatファイルを削除して様子を見てみます。



InsideSimRacing

InsideSimRacing という、レースシム関連情報のビデオ配信がありますが、面白そうな話題があったので紹介してみます。

続きを読む

PCがなんかごちゃごちゃとw

鯖用のPC組んだので、結構机がごちゃごちゃになってきてしまいましたww

続きを読む

CTDP 06 セッティング (マニュアルより)

CTDP 06 のマニュアルから、セットアップに役立ちそうなところをピックアップして要約してみました。
One important upgrade is the level of the traction control (TC). 100% is not fast, try a lower setting so that you can drift somehow out of corners, this should make you faster. On the other hand, if the car accelerates to slippery, try a higher value.
upgradeでトラクションのレベルが変更できるようになった。100%は速くないので、低い設定の方が、コーナー出口でドリフトでき、その方が速いと。加速時にスリップするようなら、値を高くする。 しかし、ここでこう書かれている割にはFAQで「Which driving aids should beactivated? It is suggested to drive with full traction control, as they did in the real F1.」って、リアルF1同様フルトラクションにするべきとか書いてあるし、どっちが正しいんでしょうね???。ゲーム内のTCアシストとの関係はどうなんでしょう???

While driving it will be possible to alter the maximum revs of the engine.
エンジンの最高回転は変更できる。

Optimum temperature of the engine will be roughly between 100 and 114. If the engine goes above approximately 126, its working life will be reduced rapidly.
エンジン温度は100度~114度が適切。

driving 10% of the race with boost 9 and 90% of the race at boost 4.
レースの10%はブースト9で、90%はブースト4で。
(ラジのサイズにもよると思いますが...)

Such is the elevation at Brazil's "Interlagos" circuit, (800m over sea level) that the engines will loose over 7% of their power.
サーキットの環境で例えばブラジルなどの高地ではエンジンパワーが 7%低下することもある。(ただし、この辺のリアリズムはサーキットの設定によりますが。)

thickness of the disc, available between 2.3cm to 2.8cm of diameter of the disc (in increasings
of 0.1cm each). The smaller the brake is, the less rotational inertia (hence improving acceleration and deceleration to some extent),
ブレーキディスクの厚さは、薄い方が加減速が良くなるが減りが早い。

The optimum brake temperature is roughly between 450 and 700. If the brakes are in this range of temperatures, the car will brake better and stop sooner. If the temperature goes over 1050 the brakes will loose power and they will wear very quickly. If the temperature is lower than 200 it will feel almost like a car without brakes.
ブレーキは450度~700度が適切。1050度以上でストッピングパワーがなくなり、すぐに磨耗する。

As a general note, Silverstone has amongst the lowest brake cooling requirements, while Bahrain and Montreal require among the largest ducts.
例えば、シルバーストーンはブレーキの冷却は最小で、バーレーンやモントリオールは最大。

The top 10 qualifiers will start on used tires.
予選上位10台はユーズドタイヤ。

You will get back whatever fuel you started qualifying with, for the race.
予選で使った燃料は戻る。

As a generality, for every 1 click of front wing, you will need to add 1 click of rear wing to maintain balance.
(06はリアウィングは角度で表現されてますが)フロント1クリックに対してリア1クリックでバランスが保たれる。

It is important to point out the airstream of a car in CTDP F1 2006. Being behind (near) other car will make our aerodynamic efficiency significantly decrease, while improving top speed. Following another car, it's important to adapt your driving style and racing line to keep as close as possible. Depending on the speed of the corner, it's possible to feel the aerodynamic effects of turbulence from a car ahead when following by well over 1 second. That loss of aerodynamic efficiency will be noticeable throughout the car, but the effects are more pronounced at the front, making the car understeer and thus difficult to drive in the corners. In tracks
06では、スリップについているときに、空力の効率が非常に落ちて、かなりアンダーになるようです。

CTDP 2006 will feature 10 tire compounds, from super soft to super hard, with two compounds in each category. Those compounds are classified in terms of temperatures they work on.
The tires will be different depending on the tire manufacturer
06ではタイヤコンパウンドは10種類(サーキットによって選択できるコンパウンドの種類の数が違うようですね。シルバーストーンでは一種類しか選べませんでした)。

Another aspect that we have to explain is the grip that tires will offer, that will have 3 stages. The first one (5%-10% of total tire life) the grip will decrease faster, so we only have one or two opportunities to do a fast lap, in qualification, for example. The second stage, the grip will decrease slowly and will be almost non appreciable. This stage is the 80% of total tire life. The last one will be from 5%-10% of final tire life, just before the tire reaches the canvas, and the grip will decrease faster than any other stage
タイヤの磨耗を 3つのステージに分けると、ファーストステージ(5-10%)はグリップは急速に落ちる。(1,2ラップぐらいしかもたないようです)。セカンドステージ(ファーストステージ以降の80%)は変化にほとんど気づかないくらい徐々にグリップが落ちる。最後のステージは最も急速にグリップが落ちる。

Optimum temperature is always 6C above the initial temperature of the tyres.
タイヤの温度の最適値は最初のタイヤ温度から6度上がったところ。
以下、例
01 - cold 90C
01 - hot 93C
02 - cold 90.67C
02 - hot 93.67C
...
10 - cold 96C
10 - hot 99C
(数字の少ないほうがソフトのようですね)

Tire pressure is also a critical function. Ideal tire pressure mainly is dependant on track, slowest tracks require the least, faster tracks require the most. At the rear, roughly 110kpa is ideal for Monaco,
roughly 125kpa is ideal for Barcelona. Front pressure should always be 5-10kpa higher.
スピードの遅いサーキットではタイヤ空気圧を低く、速いサーキットは高くする。例えばモナコでは110kpa、バルセロナでは125kpa。フロントはリアに比べて5-10kpa高くするべき。
(アンダー、オーバーの調整や、磨耗なども考慮して調整するべきとは思いますが...)

キャスター

キャスターは、簡単に言うと、値が小さいとステアリングを切った時の反応が良くなり、値が大きいと安定性が良くなると言うところでしょうか。バイクのフロントフォークの角度でスポーツタイプは立ってい(値が小さい)て、アメリカンタイプは寝ている(値が大きい)という例がわかりやすいかと思います。

rFactorではキャスターの値を大きくするとステアリングが重たくなりますね。

あと、キャスター角度とタイヤ磨耗についてデータを取ってみました。
CTDP05でTire Usage x7でシルバーストーンで一周走り終わったときのフロントTire Wear のデータです。(例によって AI に走らせました)

キャスター


キャスターを大きくすると、タイヤの減りは大きくなるようですね。

RACE@RFC その後

RACE@RFC かなりはまってます。^^;

バトルになりやすいのがいいですね。何回も短い周回のレースを繰り返すので、一人旅になったらすぐやめて、次の回に再挑戦というのが簡単にできます。箱MODなので、挙動がマイルドで、接近戦や多少のこずきあいも可能です。

チャットもシーンとしてる時もありますが、結構わいわいとなることもあります。色々な国の人が参加してるのも面白いですね。

しかしLupoは難しいですね。ちょっとオーバースピードで突っ込むとすぐに回っちゃいます。


トーイン、トーアウト

rFactorの場合、値がプラスでトーイン、マイナスの時トーアウトですね。F1 MODの場合デフォはフロントは若干トーアウト、リアは若干トーインが多いでしょうか。私はリア側のトーインを少し大きめにして、スナップオーバーを防ぐようにしています。トーイン、トーアウトの値を大きくすると、ストレートスピードの減少と、タイヤの減りが早くなるのが副作用のようです。

フロントトーインで、ターンイン時のステアリングレスポンスが向上するようです。

立ち上がり重視、最高速度

最近他の人からセットをもらった時に、よく思うのですが、(セットをくれた人の)ウィングが結構立っているのに、ストレートの最高速度が速いなと。確かにウィング以外にも空気圧とか車高とかで、最高速度は変わりますが、それだけでは、ないんじゃないかと思い始めました。

考えられるのは、自分は立ち上がりの加速が遅くて、結局到達する最高速度が遅いのではと。もちろん、なるべく短い時間で、フルスロットルできるようなラインになるように心がけたり、コーナーの速度はなるべく落とさないとか、立ち上がり時にちゃんとパワーバンドになるようにギア比を合わせるとかやってはいるんですねぇ。

モナコのポルティエからトンネルの直線とか、(BMW F1で)ウィング40、40で速い方は 285km/hとか出てますが、私は 280止まりなんですよね。ポルティエの立ち上がりなんて、ライン取り選択の余地はほとんど無いから、そんなに早くアクセル開けたりできないって思っちゃいますが....

(2016年9月26日追記)
最高速はやっぱり空力とギヤ比で決まるんじゃないかと今は思います。
フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。