FC2ブログ

サスの設定によるタイム差

今まで手付かずだった、サスを調べてみました。
サスの設定項目の SPRING RATE、 SLOW BUMP、 SLOW REBOUND の値を最も低(柔らかめ)くしたものから、10クリックずつ値を大きくしていって、最も高いもの(硬め)まで変更し、鈴鹿サーキットを AIで3周走らせて、平均タイムを計ってみました。以下がそのデータです。
サス

一番柔らかいセッティングが硬いものに比べて0.25秒速くなっています。モンツァでもやってみましたが、やはり一番柔らかいものが速かったです。やはり、柔らかい設定の方がグリップが高くなって、ラップタイムが良くなったのでしょうか。ただ、AI のラップタイムはあまり参考になら内面もあって、たとえ AIで遅くても走り方によっては、速く走れる場合もあるかなと思います。実際自分が走ってみた感覚では、固めの方がいいタイムが出ました。

サーキットによって、固めの設定がいい場合と、柔らかめの設定がいい場合があるかと思いますが、ちなみに、GRAND PRIX 3のマニュアルでは、バンピーなコースは柔らかめの設定で、車高を高くし、路面がスムーズなサーキットでは、スプリングは硬めにして、車高を低くするのが良いと、書かれていました。これも一つのサスの設定の目安になるかと思います。

今回の実験では、車高は変えていないので、単にソフトにすることによるグリップ力の増加がこのタイム差になっているのかなとも思います。

また、サスを硬くすることの利点としては、ハンドリングのレスポンスが良くなるということもあります。

このあたりのことを考慮して、サスのセットアップをしていけば良いのかなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ