FC2ブログ

CTDP 06 セッティング (マニュアルより)

CTDP 06 のマニュアルから、セットアップに役立ちそうなところをピックアップして要約してみました。
One important upgrade is the level of the traction control (TC). 100% is not fast, try a lower setting so that you can drift somehow out of corners, this should make you faster. On the other hand, if the car accelerates to slippery, try a higher value.
upgradeでトラクションのレベルが変更できるようになった。100%は速くないので、低い設定の方が、コーナー出口でドリフトでき、その方が速いと。加速時にスリップするようなら、値を高くする。 しかし、ここでこう書かれている割にはFAQで「Which driving aids should beactivated? It is suggested to drive with full traction control, as they did in the real F1.」って、リアルF1同様フルトラクションにするべきとか書いてあるし、どっちが正しいんでしょうね???。ゲーム内のTCアシストとの関係はどうなんでしょう???

While driving it will be possible to alter the maximum revs of the engine.
エンジンの最高回転は変更できる。

Optimum temperature of the engine will be roughly between 100 and 114. If the engine goes above approximately 126, its working life will be reduced rapidly.
エンジン温度は100度~114度が適切。

driving 10% of the race with boost 9 and 90% of the race at boost 4.
レースの10%はブースト9で、90%はブースト4で。
(ラジのサイズにもよると思いますが...)

Such is the elevation at Brazil's "Interlagos" circuit, (800m over sea level) that the engines will loose over 7% of their power.
サーキットの環境で例えばブラジルなどの高地ではエンジンパワーが 7%低下することもある。(ただし、この辺のリアリズムはサーキットの設定によりますが。)

thickness of the disc, available between 2.3cm to 2.8cm of diameter of the disc (in increasings
of 0.1cm each). The smaller the brake is, the less rotational inertia (hence improving acceleration and deceleration to some extent),
ブレーキディスクの厚さは、薄い方が加減速が良くなるが減りが早い。

The optimum brake temperature is roughly between 450 and 700. If the brakes are in this range of temperatures, the car will brake better and stop sooner. If the temperature goes over 1050 the brakes will loose power and they will wear very quickly. If the temperature is lower than 200 it will feel almost like a car without brakes.
ブレーキは450度~700度が適切。1050度以上でストッピングパワーがなくなり、すぐに磨耗する。

As a general note, Silverstone has amongst the lowest brake cooling requirements, while Bahrain and Montreal require among the largest ducts.
例えば、シルバーストーンはブレーキの冷却は最小で、バーレーンやモントリオールは最大。

The top 10 qualifiers will start on used tires.
予選上位10台はユーズドタイヤ。

You will get back whatever fuel you started qualifying with, for the race.
予選で使った燃料は戻る。

As a generality, for every 1 click of front wing, you will need to add 1 click of rear wing to maintain balance.
(06はリアウィングは角度で表現されてますが)フロント1クリックに対してリア1クリックでバランスが保たれる。

It is important to point out the airstream of a car in CTDP F1 2006. Being behind (near) other car will make our aerodynamic efficiency significantly decrease, while improving top speed. Following another car, it's important to adapt your driving style and racing line to keep as close as possible. Depending on the speed of the corner, it's possible to feel the aerodynamic effects of turbulence from a car ahead when following by well over 1 second. That loss of aerodynamic efficiency will be noticeable throughout the car, but the effects are more pronounced at the front, making the car understeer and thus difficult to drive in the corners. In tracks
06では、スリップについているときに、空力の効率が非常に落ちて、かなりアンダーになるようです。

CTDP 2006 will feature 10 tire compounds, from super soft to super hard, with two compounds in each category. Those compounds are classified in terms of temperatures they work on.
The tires will be different depending on the tire manufacturer
06ではタイヤコンパウンドは10種類(サーキットによって選択できるコンパウンドの種類の数が違うようですね。シルバーストーンでは一種類しか選べませんでした)。

Another aspect that we have to explain is the grip that tires will offer, that will have 3 stages. The first one (5%-10% of total tire life) the grip will decrease faster, so we only have one or two opportunities to do a fast lap, in qualification, for example. The second stage, the grip will decrease slowly and will be almost non appreciable. This stage is the 80% of total tire life. The last one will be from 5%-10% of final tire life, just before the tire reaches the canvas, and the grip will decrease faster than any other stage
タイヤの磨耗を 3つのステージに分けると、ファーストステージ(5-10%)はグリップは急速に落ちる。(1,2ラップぐらいしかもたないようです)。セカンドステージ(ファーストステージ以降の80%)は変化にほとんど気づかないくらい徐々にグリップが落ちる。最後のステージは最も急速にグリップが落ちる。

Optimum temperature is always 6C above the initial temperature of the tyres.
タイヤの温度の最適値は最初のタイヤ温度から6度上がったところ。
以下、例
01 - cold 90C
01 - hot 93C
02 - cold 90.67C
02 - hot 93.67C
...
10 - cold 96C
10 - hot 99C
(数字の少ないほうがソフトのようですね)

Tire pressure is also a critical function. Ideal tire pressure mainly is dependant on track, slowest tracks require the least, faster tracks require the most. At the rear, roughly 110kpa is ideal for Monaco,
roughly 125kpa is ideal for Barcelona. Front pressure should always be 5-10kpa higher.
スピードの遅いサーキットではタイヤ空気圧を低く、速いサーキットは高くする。例えばモナコでは110kpa、バルセロナでは125kpa。フロントはリアに比べて5-10kpa高くするべき。
(アンダー、オーバーの調整や、磨耗なども考慮して調整するべきとは思いますが...)

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございますぅ!

うぉーhiroさん激しく乙ですぅー。
昨日の試食だけで判断するのは早急かもしれないですけど、
ちょっとボク的には05を超えられなかったなっていう感じです。
マシンの加速感がイマイチ君になってしまったような・・・。
まさかUpgradeでTCの強さまで調節できたりするとは意外でした。
間口を広げていきたいんですかね?
あと壊れっぷりもMMGに勝ててませんw
いろいろ気持ちよさが足りない気がします。

でもクルマ変えて今日もう少し走ってみます。
乗ってるうちに違った感じになるかな・・・。

あまりUpgrade見てなかったので、TCの強さが変えられるとは、知りませんでした^^;
アシストのTCとどういう関係なんでしょうね。

確かに05の方が、爆発的な加速力って感じですよね。リアルの世界で06年のレギュレーション変更で200馬力程度低下したらしいですから、それに伴ってるということなんでしょうね。

hiroさん紹介乙でした!

自分もブログでやろうと思ってたんですがhiroさんにやって頂いて助かりましたw
TCきついと遅くなるってのはちょっと意外ですね。
でもCTDPとしては使うのを推奨してるしホント疑問ですねw
あとウィングのセッティングがよくわからなかくて、前と後ろのバランスはどこを境にしてアンダーオーバーになるのかを昨日はずっと探してたんですが結局わからず仕舞いで雰囲気で判断してたんですがw、これを読むと値的には1対1なんですね。
となると均衡点がどこなのか…なんかUPGRADEでウィングの範囲も変えれますしまだまだ全然理解できてないです;
もうちょっと走らせて見ないとわからないですね~

というわけで翻訳乙でした!
またよろしくです~

zi さん、
そうですね、ウィングはフロントは1~65まで、リアは10度~74度まで変更できて、フロントウィングは角度に変換すると14度から30度、なので、(30-14)/65で1クリック約2.5度の変化となるということですね。
(え、UPGRADEで範囲変更できるんですか...)

デフォでフロント23(57度)、リア54度でバランスしていて、両方1クリックでバランスが保たれると。
でもこれわかりにくいですよねぇ...
フリーエリア
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ