FC2ブログ

MoTeC データ比較

Remilliaさんから頂いたMoTeCデータと自分のデータを比較してみました。
FSONE08モナコのデータです。
compare.jpg

クリックすると拡大します。
ちょっと分かりづらいですが、黒がRemilliaさんので、色がついてる方が私のデータです。(自分のは先日のレースデータではなく、後で一人で走ったデータです)

Remilliaさん1分15.8秒、私1分18:1秒です
タイム差が2秒ちょっとあるのですが、車速に特に大きく差があるという箇所はありません。
ルイスシケイン、プールのあたり、ラスカスのブレーキング等で差が出てますが、こういった感じで各コーナーで少しづつブレーキポイント、コーナリングスピードで差が出て、そのトータルで2秒もの差が出てしまうという感じです。

あとは、特に私はブレーキのリリースが遅いですね。これは前からそうだろうとは思ってたんですが、見事にデータで証明されてしまいました。

アクセルは、私のほうが開くのが早いですが、これは最近私がヘタレでTCアシストHighでやってるせいだと思います。

私の分析はこんな感じですが、Remillia先生いかがでしょうか。

今回初めてMoTeCデータをいただきましたが、非常に参考になりました。Remilliaさんありがとうございました。

(2016年9月26日追記)
今このデータを見てみると、恐らくアクセルを開くのが速すぎて、アンダーを出していて、そのせいでステアリングを切りすぎになり、抵抗が増えてタイムロスをしているのではと思います。ステアリングの切り角も大きいですし。

コメントの投稿

非公開コメント

コメント欄からこんばんは。
先生なんて呼ばれると、仕事に感じますw

ささ、仕事のように指摘していきますから、キッツイかもね!

hiroさんの分析から考えましょうか。

hiroさんが私と比べて違う点は、
・ブレーキのリリースが遅い。
・アクセルの開操作が早い。
ということ。

同じ点は、
・車速は同じ。
とします。

では、タイムとは”一定距離にかかる時間”ですから、
車速が同じということは、距離がより長いことになるんです。

さあ、ここで問題がひとつ。
走ったコースはまったく同じでも距離が違うのはなぜか?


ここに、先ほどのアクセルとブレーキがかかわっているはずですよね。

ブレーキを長く掛ける、奥まで掛けるのは、よりコーナリング開始が遅くなるとも考えられます。
ブレーキに力を使うタイヤはコーナリングにまで力は残りません。
つまり、コーナには私より外側から入っている(本当にそうかは不明。)

アクセルの開操作が早いというより、hiroさんは全閉が殆どないですよね。
ということは、エンジンブレーキによるフロント荷重を出し切れない。
よりアンダーステア傾向になって、大きくRを描いて曲がる。(本当にそうか不明。)



こうすると、私よりコース距離を走っていることも予想できます。
僕の分析はこのぐらい。あっているかどうかは別として。


でも、平均スピード自体は僕が速いと思いますよ。
特に低速コーナでのわずかなスピード差は、タイムに大きく影響するんで、
ラインというよりはそこの違いだと思います。

ただ、追加して僕が気になるのは、
アクセル、ブレーキの操作がスイッチ操作になっていることです。
荷重の掛け方も、じわりと掛けないとタイヤはついてこないですよね。

長々と失礼。
また、カナダでのデータとっておきます。

hiro

先生、鋭い指摘をありがとうございます。
言われてみて一番気になったのは、アクセル、ブレーキがデジタルになっちゃってる点、アクセル全閉がない点ですね。

長年のくせでなかなか直らなさそうな気が...

モントリオールも比較してみましたが、こちらは自分が羽根を立てすぎてたようで、最高速でだいぶ差がついてました。後は、最終コーナーの突込みがまだまだ甘かったです。

今までほかの人との走りはrfvcmargeで比べてましたが、MoTeCだと一目瞭然ですね。(ライン取りは別にして)
データ、ありがとうございました。
フリーエリア
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ