FC2ブログ

環境紹介

だいぶ環境がフィックスされてきたので、改めて紹介したいと思います。

■ディスプレイ:3D Vision対応 5画面
3D Visionはすごくいいです。もうこれ無しでは走る気がしません。リアル感と、ベゼルが半透明になるのがとてもいいです。

■情報表示用ディスプレイ:Z1 Dashboard、iSpeed、Joel Real Timing (JRT) 、
5画面だと、ダッシュボードが表示されないので、Z1 Dashboard を使ってます。これだと、車種によってはイエローの警告がある時にフラッシュして知らせてくれたりして、便利です。
iSpeedはレース中でもデルタやベストラップタイムを確認できます。
Joel Real Timing は予選1周目で自分の順位が分かる、レース中に周りの車のべストラプタイムが分かる、他の車のサーキット(トラック)での位置が分かる、等かなり便利です。レース参加者のiratingや地域、セッション残り時間等表示されます。
左側は、自分の周りの車、数台を表示、右側は、全車を表示しています。
トラックマップは有償オプションの購入が必要です。使ってなかったスマホが役に立ってます(笑)
desktop1.png
(クリックで拡大)

■ハンコン:Fanatec CSW v2 Formula rim
G27等に比べてごつごつ感が無く、滑らかでFFBも強く、満足しています。

■ペダル:G27RICMOTECH ロードセル化キット
ロードセルは最初は慣れなくて苦労しましたが、今はとてもいい感じです。重ければ重いほどいいんではないでしょうか。昔使っていたDFGTをこの前やってみましたが、軽すぎて、よくこんなので走ってたなと思いました。
ロードセルに換えてからかなりの力で踏んづけるようになったので、筐体に穴を開けて、木ねじで床に固定しています。椅子もストッパーを付けて、動かないようにしています。

■振動ユニット:SimVibe (シート+ペダル+シフト)
これもリアル感が増してとてもいいです。特にギャップや縁石を乗り越えるとき、いい感じです。以前はレースの時だけ使っていましたが、今は家族が寝ている時以外は常に使ってます。

■冷却装置:扇風機 x 2、ファン、エアロシート
レースシムをやってると、体が熱くなってきて、PCの熱もあり冷却は必須です。
足元とPCを冷やす扇風機、体を冷やす扇風機、ファンと、シートにもエアロシートをつけています。エアロシートは中々優れもので、背中がとてもよく冷えます。
エアロシートIMG_20161126_080932.jpg
(クリックで拡大)

■サウンド(メイン Creative Inspire T6160 5.1ch :サブUSBスピーカー)
サブはSpotter、iSpeedの音声用に使っています。メインとサブで音量を変えたいので2つ使っています。
iSpeedはコースをショートカットした時や、特定の場所での速度を教えてくれて便利です。
Spotter は JJSpotterを使ってます。オリジナルよりもリアル感があります。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ