FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Centripetal Circuitでカウンターステアの練習

最近は、以前この記事で紹介したSkip Barberレーシングスクールの動画でやっていた、カウンターを当てる練習をしています。

この動画の19分45秒ぐらいから、リヤをスライドさせた後の、correction(修正)、recover(リカバー)の練習の説明をしています。


iRacing のCentripetal Circuitでやってますが、PETER KUHN氏のように長くドリフトの姿勢を保つことは難しいです。(画質が悪くてふた昔前のレースシムみたいになってますが..)
スロットルオフだけの荷重移動では、スライドしないので、ブレーキも踏んでます。

で、Skip Barber や、Formula Renault、MX5等ではカウンターがあてられるのですが、Audi R8 LMS や BMW Z4 等の GT3 車両では、直ぐにスピンしてしまって、カウンターをあてることができませんでした。

そこで、OSW では、セルフステアがやりやすい(正確に言うと、セルフステアになりやすいかな)という話を思い出しまして、試しにFFBの強さを倍にしてやってみました。
普段は iRacng の FFB 設定は30、CSW の設定は55%でやってるのですが、CSW を100%でやってみると、カウンターを当てることができました。
やっぱりFFBは重要ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。