FC2ブログ

モニターカバー

以下のサイトで紹介されていますが、モニターにカバーを付けることで、没入感が増すという事でやってみました。
http://www.shupop.com/iracing/2014/11/17/best-immersion-in-cockpit/
https://boxthislap.org/immersion/
カバーを付けるのではなくて、車の遮光用カーテンを付けてみました。
確かに余計な物が目に入らず、没入感は増した感じです。
IMG_20161227_134110.jpg
(クリックで拡大)

これ以上没入感を増す(リアルに近づける)にはどうすればいいんでしょうね。

一つはVRですが、今後VRも性能は良くなっていくのでしょうが、考えてみれば私は別モニターでZ1DashやJRTを見てたり、練習の時はテレビやネット配信の動画を見ながら走ったりしていて、これらが使えなくなってしまいます。Z1Dashはまあダッシュボードを見ればいいのでVRで問題ないですし、JRTもオーバーレイで表示はできそうですが。
なので、練習の時はディスプレイで、レースの時はVRという使い分けも考えられますが、そこまでしてVRにする利点は無さそうな気もします。今でも既に3Dだし。

しかし、3D Visionもこの先どうなるかは分からないですね。もう新たな対応モニターも出てこないようだし。最大解像度FHDだし。
あんまり普及しないからNVIDIAも力入れてないんでしょうね。
3D Visionにこだわらないなら、4Kモニタ3枚とか、他のレースシムも気軽にできたりと選択肢も広がるのですが...

まあ今はiRacing でできるだけ長く 3D Vision が使い続けられる事を願うのみです。

という事で、これ以上リアルに近づける方法は今のところは無さそうです。

(しかし、リアルに近づいたというところでは、JJSpotterのせいなのか、バージョンアップでSpotterが改善されたせいなのか、ショートカットしてペナルティを食らった時にSpotterがとてもリアルに、「何やってるんだよ、わかってんだろ、あーあ」みたいな口調で言ってきてちょっとむかつきます(笑)。もうちょとバリエーションを増やしてもらえると楽しいですが)

コメントの投稿

非公開コメント

レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ