スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 あけましておめでとうございます。

2016年は、3D Vision導入、5画面化、iRacing再開と、結構私にとってはレースシムにのめり込んだ一年でした。

特に iRacing を再開したのは、大きな変化でしたね。
改めて iRacing のメリットをリストアップしてみると、以下のような点があるかと思います。
・3D Visionがまともに使える(自分の環境ではかなり古い NVIDIA ドライバを使う必要がありますが)
・speed delta で良いコーナリングができたかどうか、すぐわかる。
・テレメトリが充実している、他のドライバーと比較ができる。
・他の方のセットが入手しやすい。
・定期的にオフィシャルなレースが開催されている。
・iRating で客観的な自分の実力がある程度わかる。
・同じような実力の人とレースでき、バトルが楽しめる。
・フォーラムが充実している。(iRacing内、Apex racing、Virtual Racing School等)
特にテレメトリが他のドライバーと簡単に比較できるのは自分の弱点の発見ができて、他のレースシムには無い大きな利点だと思います。
(まあ、試験で予め答えを見せてもらってるようなものではありますが、これを見たからといって、速い人の入力を再現しようとしてもできません)

唯一不満な点は、自分に非が無い接触でもiRating, SRが下がっちゃうことですね。まあソフトで判定するのは難しいでしょうから、これは仕方ないのかな。今は下のスプリットに分類されてるので、上のスプリットに行ったり、予選で上位に入れるようになれば、要らない接触は減っていくのではと思います。
あとは、Race07のWTCC的な車種(ピーキーで無くて、バトルしやすい物)があれば、とも思います。 Blancpain Sprint、Advanced Mazda あたりが近いんですが、40分はちょっと長いなぁ。Ruf GT3はリアがブレイクすると、立て直せないし(OSWにしたら良くなるのかな)。Skip Barberが一番いいんですけど、もうちょっとカッコよかったらなぁ..

今年はiRatingを上げて、上のスプリットに行くことが目標です。

あとは、周回遅れ等を抜かないといけない機会が増えてきたのですが、なかなかうまく抜けないですね。もうちょっと長いストレート前でレイトエイペックスできるように、なんというか、タイムが下がってもいいので、柔軟にクリッピングポイントを変えれるようなことができるようにしていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。