スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide その3

以前から紹介している、Virtual Racing SchoolによるiRacing career guide ですが、また内容が追加されています。

4章がスキップされて、5章のセットアップが、まだ途中ですが、追加されています。

そもそもセットアップをやったほうがいいのか、と問いかけており、
・コンスタントに自分のベストから .2秒落ちでラップタイムを刻める
・タイムロスは、車のせいなのか、ドライビングのせいなのか、判別できる、(例:アンダーステアが起きてるのは、走り方のせいなのか、ドライビングのせいなのか)
・ドライビングスタイルは確立されているか(例:VRSデータパックの速い人から、0.2~0.5秒落ちで走れるか)
このあたり、満たしていないのなら、セットアップに時間を費してもあまり効果は無いと言ってますね。

私は満たしてません(笑)
せいぜいセットの変更でタイムアップは0.3秒ほどなので、セットアップに時間をかけるよりも走行の技術を上げた方が良いってことですね。
空力の影響が大きい車だともっとセットでタイムは違うんじゃないかと思いますが、確かにタイムのばらつきが大きかったり、アンダー、オーバーが判定できないようでは、きちんとしたセットアップはできないですね。

Skipの空気圧の設定方法が書かれてますが、ダウンフォースが生成されない、低速コーナーの多い、例えば岡国のようなサーキットだと、空気圧は低めにして、その逆のスパのようなサーキットでは高めにするのが基本とのことです。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。