スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1周目と追い抜きの練習

他のレースシムだと、大体予選は最下位が多くて、また参加されてる方もあまり1周目から無理はされない方が多くて、それ程1周目に接触する(される)ことは無かったのですが、iRacingの場合は、特に最近は真ん中より上位に予選はつけていて、周りもかなりアグレッシブにくるので、接触される機会がかなり増えてしまいました。

自分の目の前でスピンされて接触するのはどうしようもないのですが、後ろから追突されるのは、自分が一周目は慎重に行き過ぎてブレーキングが早くなってしまうのも原因があると思います。
また、iRacingは実力が同じぐらいのスプリットに入りますので、バトルの機会が増え、相手を追い抜く機会も増えます。

というところで、今まではやってなかったのですが、今後は1周目と追い抜きの練習もしていきます。

1周目はグリッドからのスタートになるので、1コーナーでのブレーキポイントが通常に比べて奥まで行くことができるのですが、今まではそのリファレンスを確認していませんでしたが、今後はそこもちゃんと確認するようにします。
スタートポジションでアウト側に配置される場合と、イン側に配置される場合で、多少リファレンスポイントは変わると思います。
また、長いストレートで追い抜くときは、こちらがインべたでコーナーを回る可能性があるので、その場合のブレーキポイントのリファレンスを確認するのと、実際相手がアウトにいると想定してのコーナリングの練習をします。

あとは、iRatingとSRですが、確かにiRatingを上げて上のスプリットで走れるようになれれば、余計な接触や周回遅れに譲ってもらえない等の事は減るとは思うのですが、あまりこれらを気にしてこれを上げることを目標にしてしまうと、自分が悪くなくて接触されるとさらにフラストレーションが溜まって、楽しめないと思うので、もうこれらは気にしないようにしようと思います。

先日Skip Barberで今までレースシムをやってきて最高と思えるレースができました。
ポールを取って、1周目に2位に落ちてしまったのですが、その後も1位の方と良いバトルができて、相手がファステストを取った直後の周に自分が今度はファステストを取るというような感じで、結局周回遅れに手間取って結果2位ではありましたが、すごく楽しかったです。(JRTを使うとファステスト取ったかどうかリアルタイムですぐわかっていいです。)
また、面白かったのは1位の人と私のタイムはほぼ同じにもかかわらず、1位の方の走行ラインはどう見ても自分よりもコース幅も使ってないし、最適とは思えませんでした。ここで書いたように「車を制御することが上手な人は、理想のラインを走行できるが、車をうまく制御できない人よりも速く走れる。」という、例だったんでしょうね。

このような、レース後に充実感が得られるような走りができるように、頑張ります!

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。