FC2ブログ

弱点克服(短い直線を挟むコーナー)

また弱点が見つかりました。この間、KMR-Cup の岡山を走った時に気づいたのですが、短い直線を挟むコーナーでタイムロスしているという事です。

例えば、岡山の T8-9 のように逆方向のコーナーが短い直線でつながってる場合。
岡山T8-9
これは、2つ目の侵入の R を大きくしたいために、一つ目の侵入の R が小さくなってしまって、そのためにスピードを落としてしまっているケース。
同様なコーナーはSebling のT11-12
セブリンング11-12
その他には、バルセロナの、フェニックスの、シルバーストーンのT2-3とか。今まで、ブレーキ踏みながら曲がらないといけなくて、不得意と言ってたコーナーも含まれます。2つ目のコーナーの R を大きくしようとして、直線的にブレーキかけれないので、スピンしてしまってたのでしょう。

別の例では、同じ方向のコーナーが短い直線でつながってる場合で、岡山のT6-7岡山T6-7
T6のブレーキングが早くて、タイムロスしてます。
同様なコーナーは鈴鹿のデグナー鈴鹿デグナー
理由は、これらのコーナーでもっと外側まで特に岡山は少し芝に出てもよいぐらいなのに、そこまで攻めてないので、ブレーキを早めに踏んでしまうという事があります。デグナーの場合は、縁石が滑りやすいので、ちょっと強めに踏んでしまうこともあるとは思います。どちらの場合も、ターンインが遅いという事ですね。

こういうコーナーは1つのサーキットで、結構あるので、これを克服すればタイム向上に繋がるのではないかと思います。
(単にコーナーの数が多くて、その分ロスタイムも増えてるだけだったりして)

あと、岡山は知ってて思ったのは、まだまだコーナー出口でぎりぎりまでアウト側を使えてないなぁと。使えるときと使えないときのばらつきが大きいですね。
Qの時ははみ出せないけど、練習時や、決勝の時はもっと攻めてみようと思います。

克服するべき点が見つかるのはいいですね。こういうのを繰り返していけば、きっと目標地点に到達できる。

コメントの投稿

非公開コメント

レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ