FC2ブログ

MoTeC応用

MoTeCの応用としては..
以下のようなことができるかと思います。

・最高速度の確認
・オーバーレブの確認
・タイヤロックの確認(Brake Biasの設定の参考に)
・タイヤの磨耗の確認
・燃費の確認
・車高の確認(車高を下げすぎるとボトミング(コーナーなどで車体の底が地面についてグリップ無くなる)

その他に、自分はこんなことしてます。
まずは AI Strength 120%にしてMoTeCでデータを取りながら、 AI にコースを走らせます。
その後、自分で走ってみて、さっきの AI のデータと自分のデータを比較します。
(データは複数ロードできます。またこの時、F9(Time/Distance)キーでDistanceモードにした方が、比較しやすいです。)

AI も必ずしも何時もベストなコーナリングをしているわけではないですが、それなりに、どのコーナーが特に自分が遅いのかがわかり、その部分を重点的に練習しています。

その他にはMOD毎の特性の違いとか、耐久性とか、解析できそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ