FC2ブログ

タイヤ空気圧 その 2

タイヤの空気圧とタイヤ温度、グリップ、耐久性、車速は以下の関係があります。

空気圧

 

温度

グリップ

耐久性

車速度

高くする

 

低くなる

低くなる

良くなる

高くなる

低くする

 

高くなる

高くなる

悪くなる

低くなる

空気圧をパラメーターにして温度、耐久性をMoTeCで計測してみました。グリップに関しては、ラップタイムで比較してみました。MODはMMG for ダメポです。



残念ながら AI ではタイヤ温度のデータは出てこないので、仕方ないので練習がてら、バーミンガムの市街地コースを走りこみました。

ソフトタイヤで空気圧を110kpa、120kpa、130kpa、140kpaで各5周、ハードタイヤで110kpaにして5周走りました。
下のデータは左フロントタイヤのセンターでのデータを100サンプルでフィルタリングしたものです。

タイヤ温度


各ラップの最高温度を直線でプロットしていますが、ハードタイヤ以外は5周走ってもまだ温度は上がる傾向にありますね。110kpaと140kpaでは2~3度ぐらい差があります。2度ってそんなに大きな違いでもなさそうですが、走っているとフィーリングは大きく違います。140だとかなりグリップしない感じです。平均ラップでも1秒以上違う感じです。

また下はタイヤの磨耗のデータです。

タイヤ磨耗


空気圧が違っても下がり方は同じような傾向ですね。

最後にタイヤ磨耗度(Tire Wear)のデータですが、本当に0%になるまで、タイヤは使えるものなのか、調べてみました。
Tire Wear 自体は AI でも計測できるのですが、下の rFactor 画面上のおタイヤ磨耗(白い楕円で囲った黄色い点の部分)が AI では表示されません。でも走るのは面倒なので、全てのアシスト(ステアリング、ブレーキ、シフト、TC、ABS)を最高に効かせて、キーボードに小物を挟んで、ずっとアクセルのキーを押しっぱなしの状態で走らせました。これだと、タイトなコーナーだと、大きく膨らんでしまいますが、タイムを計るわけではないので、よしとしました。(このやり方はハンコンではできません)

タイヤの磨耗が進むと、黄色い点が赤になり、さらに進むと点が無くなって全部消えると、完全にグリップが無くなります。やった結果、この赤の点が消えたのがちょうど、MoTeC のTire Ware が0になった箇所に一致しました。普段走っていて、赤い点が無くなると、急激にグリップが無くなりますが、それまでは普通に走れるので、Tire Ware が0になるところまではタイヤは使えそうです。


タイヤ磨耗その2


あとは、リアルだと、路面温度や路面の状態などによって、タイヤ温度は変わってくると思いますが、rFではどこまでこの辺考慮されているのかも、調べてみました。rF はモニター画面のRACE SETTINGで路面温度が確認できます。

バーミンガムでは、晴れ、午後2時、Time Scale x10 で、最初 24度だった路面温度が 5分後、(Tim Scale が 10 なので、レース内では50分後のはず) 路面温度は 26度になりました。

バーレーンでは、同じ条件で5分後に27度になりました。
以下は、バーレーンでTime Scale None (赤線)とTime Scale x10で5分後、路面温度が27度になった時のタイヤ温度(120 kpa)のデータ(黒線)です。Time Scale x10の方は、計測終了時の路面温度は29度でした。これを見ると、路面温度が違ってもタイヤ温度には影響しなさそうですね。

ただ、同じ 120kpaでもバーミンガムでは80度ぐらいまでしか上がらなかったのに、バーレーンでは110度まで上がっています。サーキット毎の、路面の状況やハードブレーキングの箇所の数、コーナリングスピードの違いなどで、タイヤの温度はかなり変わるようです。面白いですね。

タイヤ温度バーレーン


しかし、タイヤの温度が高すぎても熱だれしてグリップが落ちるという話もありますので、高いほうはどこまでOKなのか、検証が必要ですね。(また実験ねたができてしまったw)

コメントの投稿

非公開コメント

レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ