FC2ブログ

エンジンラジエータ インテークサイズ (RADIATOR SIZE)

ラジエータのサイズとタイム、耐久性を調べてみました。
MOD は MMG for ダメポ、サーキットはバーレーンです。
下は AI でラジエータサイズを変更して 3周走らせた平均タイムです。

ラジエータサイズが1と7とでは0.4秒ぐらい違いますね。
ダクトサイズ速度


次は耐久性ですが、MECH.FAILURES を time scaled にして TIME SCALE x60にしました。エンジン温度、エンジンオイルの温度は AI では出力されないので、ステアリング、ブレーキも含んだフルアシストにして、アクセルキーにピンをはさんでアクセル常時オンで走らせました。オイル温度、エンジン温度は全周回数での平均値です。周回数は、エンジンがブローしたときの周回数です。


ダクトサイズ耐久性


オイル温度 120度、エンジン温度 130度ぐらいまではだいじょうぶそうですね。ちなみにMMG for ダメポではエンジンオイル温度の適正値は 106.7度だと思います。

ラジエーターサイズ 1でもブーストをかなり下げれば持つようです。バーレーンの場合はラジエータサイズ2でもレッドに入れなければ持つかもしれません。エンジン回転数は最大で18500回転でした。見た感じではレッドには全然入っていないようでした。

エンジンオイル温度が100から110度ぐらいになるように設定、走行すればよさそうですね。

あと、MoTeC で、エンジンオーバーヒーティングという項目が、見れるのですが、これは0か1のデジタル値です。多分オーバーヒート状態が1で、オーバーヒートの通算時間が長くなると、エンジンが壊れるのではないかと思います。オーバーヒートの状態が20秒でブローする場合もあれば、1分以上たってもブローしない場合もあるので、単純に通算時間だけでもないと思いますが。また、全くオーバーヒートしてなくても、エンジンはブローしましたので、オーバーヒートして無くても長時間エンジンの温度が高いと、ブローするようです。

コメントの投稿

非公開コメント

レースシム
レースシムとは何ぞや?
ここ読んでください(英語)
レースシムWiki
レースシムやるのに必要なもの
■必須なもの
・PC
・レースシムソフト
■あった方がいいもの
・PC知識(ハード、ソフト)
・PC自作(組み立て)能力
・ステアリングコントローラー
・ペダル
・複数ディスプレイもしくはVR
・上記が設置できる部屋
・英語力
・ネットワーク知識
・車両セットアップ知識
・家族の理解
■速くなるために必要なもの
(Skip Barber氏より)
・インテリジェンス
・デターミネーション
現在の機器構成
CPU:i9 9900KF
GPU:1080ti
メモリ:32GB
マザボ:msi Z370
VR:HP Reverb
ハンコン:OSW、Small MiGE
ペダル:Fanatec CSL EP LC
SimVibe
ウィンドシミュレータ
コックピット:普通の机、椅子
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

hiro

Author:hiro
レースシムにはまっています。今はiRacingを主にやってます。

Twitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ